カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

斎藤一人 著 「『大丈夫』がわかると、人生は必ずうまくいく!」 その9

斎藤一人 著 「『大丈夫』がわかると、人生は必ずうまくいく!」 サンマーク文庫 2017年より

<9 うまくいかないのは「私利私欲」が足りないから>

私たちが「大丈夫だ」と思えない一番の原因は、自分で「これじゃダメだ」と思い込んでいたり、誰かに「大丈夫じゃない」と思い込まされたからです。

その思い込みの一つに、「私利私欲はいけないこと」というのがあります。
なぜかうまくいかない人って、「私利私欲」が足りてないんです。

もちろん、「私利私欲」を持たないほうが、うまくいく仕事というのもあります。
たとえば大臣とか役人の仕事というのは”公正”でないといけません。だって、みんなのお金や暮らしを預かっているんだから。

ところが商売や事業というのは、自分のやりたいこと、自分の目的、自分の欲望を叶えるためにやるんです。
それが「もっと大きな成功を得たい」となってくると、自然と世間のことを考えたり、みんなのことを考えたりするようになるんです。
それを最初から「私利私欲」を抑えていたらがんばれませんし、大事なパワーなんかも出てこないんだよ。

だから「もっと洋服を買いたい」「ベンツに乗りたい」「もっとモテたい」とか、「私利私欲」を燃やしてやればいいの。
それで成功者になってくると、「みんなのしあわせのために」とか「世の中をもっとよくするために」とかって言うようになるからね。

「私利私欲で物事をやっちゃいけない」と思っている人は、欲や儲けることに罪悪感があるんです。
でも、商売っていうのはお客さんに喜んでもらわないと成り立ちません。
それで、うんと売れたほうがいいに決まっています。大勢の人が喜ぶからうんと売れるんです。
そして、うんと売れれば儲かります。儲かれば雇用もできるし税金も払えます。だからなんの問題もないんだよね。

それなのに「お金持ちは悪いやつだ」と勝手に思い込んでる人がいます。
中には確かに悪いお金持ちもいるかもしれないけれど、みんながみんなそうではありません。
「私利私欲」だけで相手やまわりのことをまったく考えないのはよくないですが、「私利私欲」に燃えながら、相手やまわりのことを尊重することもできるんです。
しあわせや成功っていうのは、結局、お互いがよくないとうまくいかないんだよね。

欲をいいふうに使うんだよ。大きな成功を考えたら、自然とまわりや世間のために動けるようになるからね。




テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/10/26(木) 23:00:00|
  2. 斎藤一人さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斎藤一人 著 「『大丈夫』がわかると、人生は必ずうまくいく!」 その8

斎藤一人 著 「『大丈夫』がわかると、人生は必ずうまくいく!」 サンマーク文庫 2017年より

<8 人間は「そのままではいられない」生き物>

「そのままでいいんだよ」と言うと、「それでは、人は努力しなくなる」とか、「現状を変えないと、なにも変わらない」って言う人がいるんだけど、そうではありませんからね。

なぜかというと、人間とは「そのままではいられない」生き物なんです。
人間に限らず、植物も動物も、命あるものはすべて成長します。
成長が止まったものは次の命にバトンをつなぐため、死んでいくの。そうやって、つねに成長し続けているのです。

その中でも”万物の霊長”たる人間は、終わりがないぐらい、どこまでも成長しようとします。
それに、肉体的な成長には限界がありますが、魂の成長には限度がありません。だから、「そのままでいいんだよ」と言われても、人はどうしても必ず成長したくなるものなんです。

逆に「そのままでいいんだよ」と”ありのまま”の自分を認められたとき、人は本来の長所や役割に気づき、その才能を十分に発揮できます。

私は人を啓発しようと思ったことがありません。
基本的に誰に対しても「そのままでいいんだよ」と思っているから、啓発しなくてもいいと思っているんです。

いつまでも、どこまでも成長していけるのが人間。
認められたときに力を発揮する生き物なんです。



テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/10/19(木) 23:00:00|
  2. 斎藤一人さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斎藤一人 著 「『大丈夫』がわかると、人生は必ずうまくいく!」 その7

斎藤一人 著 「『大丈夫』がわかると、人生は必ずうまくいく!」 サンマーク文庫 2017年より

<7 「知恵」や「勇気」がなくても、しあわせになれる>

私は変わっています。だから、私と同じことをしてもダメなんです。
特に私は累計納税額日本一だから「どうすればそんなお金持ちになれますか?」ってよく聞かれるんだけど、私の成功法とあなたの成功法は違います。

たとえば会社を辞めるのだって勇気がいります。私のように、学校へ行かないというのも勇気がいるんです。
荒波に出ていくんだとしたら、「知恵」と「勇気」の両方が必要です。「知恵」だけでは出ていけませんし、「勇気」だけでは無謀だからね。

それで、「知恵」も「勇気」もないんだとしたら、ないものはないんだから仕方ありません。でも、ないからしあわせになれないかというと、そうではありませんからね。あるものの中でしあわせになればいいんです。

「精神論」と「金持ち論」は別の話なの。
郵便局の局長よりしあわせな、郵便配達人はいます。だから「出世しようがしまいが、人はしあわせになれる」というのが精神論なんです。

それに、お金持ちになったからって、しあわせになれるとは限りません。
事業が成功しても、社員とかまわりから嫌われてる人はいます。
だから、成功者は成功者でしあわせになれる方法があって、サラリーマンにはサラリーマンのしあわせになれる方法があるんです。

手の中にあるもので、どれくらいしあわせになれるか。なにかがないと、しあわせになれないわけじゃないの。



テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/10/11(水) 23:01:00|
  2. 斎藤一人さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斎藤一人 著 「『大丈夫』がわかると、人生は必ずうまくいく!」 その6

斎藤一人 著 「『大丈夫』がわかると、人生は必ずうまくいく!」 サンマーク文庫 2017年より

<6 軽トラがフェラーリになる必要はない>

お金持ちの多くは、親のあとを継いだとか、親がもともとお金持ちだったというような人なんです。
中にはゼロからお金持ちになれた人もいるけれど、そういう人って割合でいうと、だいたい1000人に1人ぐらいしかいません。

じゃあ、その成功するために必要な「1000人に1人の知恵と勇気が出ますか?」っていうと、ほとんどの人は出ないんです。
それで、出ないっていうのも才能だから、そういう人は会社に勤めに行って、もらった給料の中から楽しめることを探す人なんだよね。

そういう人たちに「こうすればお金持ちになれる」とか、「こうすればできる」って言っても、それはその人たちにはできないことだし、する必要もありません。

成功した人が本を書くと「こうすれば成功できる」って言うけど、それはその人だからできた成功なんです。
体操競技の選手で「空中三回転」ができる人もいれば、普通の人で「でんぐり返し」しかできない人もいます。

それで、でんぐり返ししかできない人は、そのでんぐり返ししかできない中で、どうやってしあわせになればいいのかを考える。目の前の今歩いてる道をしあわせに歩んでいくのが一番旱い出世の道ですし、その人にとってのしあわせな道なんです。

特別なことができる人もいれば、できない人もいます。そのことを知ることが本当の「精神論」なんだよね。

軽トラックって燃費がいいし、小回りもきくし、すごく便利です。
でもその軽トラックと10トントラックを比べて、軽トラに10トンの荷物を載せたら潰れてしまいますよね。
フェラーリは人も荷物もあまり積めないけれど、速いんです。だから、軽トラとフェラーリは比べるべきものではありません。

いくら軽トラにフェラーリの話をしても、軽トラはフェラーリには絶対になれませんし、なる必要もないんだよね。
軽トラックには軽トラックのよさがあって、フェラーリにはフェラーりのよさがあるんです。

本当の「精神論」とは、自分のできることを知ることなんだよ。誰かや、なにかをマネすることじゃないよ。




  1. 2017/09/27(水) 23:00:00|
  2. 斎藤一人さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斎藤一人 著 「『大丈夫』がわかると、人生は必ずうまくいく!」 その5

斎藤一人 著 「『大丈夫』がわかると、人生は必ずうまくいく!」 サンマーク文庫 2017年より

<5 宝は「クズ」の中に隠されている>

「どこの会社に行っても勤まらないんです」っていう人が独立して自分の会社を始めたりすると、ものすごく成功したりします。
だから「どこの会社に行っても勤まらない」というのも才能なんです。
あなたが「才能じゃない」と思っていることに、じつはものすごい才能が隠されています。
そのことに気がつくと、目の前に「宝の山」があることがわかるんです。

私のお弟子さんになった人たちも、会社の経営を始めるときに親や兄弟から「経営者なんかになれるわけがない」って言われました。
でも、それが立派な経営者になって、地域で発表される高額納税者番付に載るぐらい利益を出せたのは、自分の才能を活かせたからなんだよね。

その才能も、まわりから見たら「クズ」のように見えるかもしれませんが、私から見たら、それは「宝」です。
だから今までまわりから「あれを直せ」とか「これをやめろ」と言われてきた人が私に会うと、私の口からは「大丈夫だよ」とか「そのままでいいからね」という言葉が出てきます。

大切なのは、自分の才能に気づかせてあげることと、「活かし方」を教えてあげることなんです。

「刀」というのは「柄」を持つようにできています。
「刃」のほうを持つと手が切れてしまいます。
それと同じように、「才能」も使い方を間違えると人を傷つけてしまうことがあるんです。

たとえば「短気」が人に向くと怒ったり、人を傷つけたりします。でも、短気な入って仕事が速いんです。
私も短気だから、まわりが私の仕事をしている姿を見たことがないぐらい、すごく仕事が速いんです。
さらにものすごく飽きっぽいから次々とアイデアを考えちゃうの。
だから、「勤勉」なのも才能だし、「怠けたい」と思うのも才能なんだよね。

つまり、そのままでいいんです。
そのままの自分に気づき、そのままの自分を活かす方法を考えればいいだけなんだよな。

誰もが「宝の山」を持っているんだよ。
大半の人は気づいていないし、「活かし方」を知らないの。




  1. 2017/09/16(土) 00:40:00|
  2. 斎藤一人さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
ブログ (285)
吉本新喜劇 (6)
自己啓発・成功法則 (459)
日常 (42)
写真 (751)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (18)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (195)
谷山浩子さん (90)
鉄道写真 (87)
落語 演芸 映画 (7)
音楽 (104)
小林正観さん (59)
プラモデル・模型など (84)

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

PR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR