カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 その36

「誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」 ジム・ドノヴァン著 桜田直美訳 ディスカヴァー・トゥエンティワン より

<その36  ゴールは小さく分けて達成する>

ゴールを決める場合、期間をいくつかに区切ってそれぞれに目標を定めたほうがいいだろう。短期、中期、長期のゴールを決めれば、一歩一歩目標に近づいていると実感できるし、理想の人生に向かって努力できる。

短期の目標を実現していけば、そのたびに達成感とスリルを味わうことができ、大きな目標に向かって常にやる気を維持することができる。長期の目標しかないと、自分の進歩を計ることがむずかしく、困難に直面した時に気持ちがくじかれてしまうだろう。

私の場合、短期(3~6ヵ月)、1年、中期(3~5年)、長期(10~20年)という分け方が気に入っている。

最後の20年先の目標という考え方はロバート・シュラー博士から学んだのだが、これは本当にむずかしかった。20年先の自分を見据えるというのは大変な作業だ。

確かに周りの状況は変化していくが、自分の向かう先がわかっていれば、人生がさらに意味のあるものになる。もちろん、自分の進歩に従って当初の目標を調整することも必要だ。

20年後も生きている可能性は極めて高い。問題は、どこにいるかということだ。20年の間で、あなたの人生はどのように変化するだろう?20年後は何をしているだろう?どんな人になっているだろう?

20年後の自分の姿を、今、夢に描き、そのために適切な行動を起こせば、20年後には理想の人生を生きていることだろう。

20年後の自分が決まったら、そこから逆算して、今とるべき行動を始めることができる。たとえば、長期の目標が経済的自立であり、利子、投資、著作権料など働く必要のない収入でそれを達成しようとしているのなら、短期の目標は、投資を始めることや、自分のビジネスを始めることや、なにかクリエイティブな作品を創ることになるだろう。

※成功への提案36  20年後の自分の目標から逆算して、短期・中期・長期のゴールを設定しよう。

つづく


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

テーマ:成功をかなえる自分に向かって - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/12/03(木) 00:01:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0
<<城みちる 「イルカにのった少年」 | ホーム | 最近のスナップ写真>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (195)
吉本新喜劇 (4)
自己啓発・成功法則 (429)
日常 (42)
写真 (529)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (177)
谷山浩子 (82)
鉄道写真 (59)
落語 演芸 映画 (6)
音楽 (69)
小林正観さん (54)
プラモデル (14)

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

PR

↓夢をかなえるカードです。プレゼントにもぜひ!

↓「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健さん

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR