カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

平常心のコツ その37

「平常心のコツ」 植西聰(心理カウンセラー) 著 自由国民社より

<日常の業務をたんたんとこなしていくことで、心が静まっていく>
 ◆たんたんとやるべきことをこなす。

「平常心」は、一般的によく使われる言葉です。「平常心で事に当たる」とか、「こういう時こそ、平常心でいよう」などとよく言います。この場合、「平常心」という言葉には「普段と変わらない心」「乱れのない心理状態」といった意味があるのでしょう。

ところで、この「平常心」という言葉の語源は、禅にあります。

禅の修行をしていた僧侶が、禅の師匠に、「禅の修行の本質とは、どのようなものですか」と問いかけました。師匠は、「平常心を保つことこそ、禅の修行の本質です」と答えました。

禅の世界では、朝起きてから夜寝るまで、人が生活していくための業務をたんたんとこなしていくことで、平常心が保たれると考えます。

それは「家を掃除すること」であり「食事すること」です。また「庭の手入れをすること」であり「お風呂に入ること」です。また「坐禅をすること」であり「食物を育てるために畑を耕すこと」です。そのような日常業務を心を込めながら、たんたんとこなしていくことで平常心が保たれると考えるのです。つまり、乱れのない、平静さに満ちた精神状態を得られるということです。

この禅の考え方は、一般の人にも非常に参考になると思います。たとえば、愛する人と死別したり、気持ちのすれ違いから別離するような運命に見舞われた時、その人の心は激しく動揺します。絶望的な気持ちになる人もいます。

このような時に、普段やっていた「掃除」「料理」「食事」「仕事」「入浴」といった日常の業務を無心になって、たんたんとこなしていくように努力してみます。

そうすることで、少しずつ心の乱れがおさまって、絶望から抜け出し前向きに考えていけるようなきっかけがつかめるのです。

つづく


テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/10/24(土) 01:21:54|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0
<<今日のひとりさんの言葉 | ホーム | 今日のひとりさんの言葉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (225)
吉本新喜劇 (5)
自己啓発・成功法則 (435)
日常 (42)
写真 (590)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (180)
谷山浩子 (83)
鉄道写真 (63)
落語 演芸 映画 (6)
音楽 (79)
小林正観さん (57)
プラモデル・模型など (15)

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

PR

↓夢をかなえるカードです。プレゼントにもぜひ!

↓「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健さん

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR