カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

平常心のコツ その28

「平常心のコツ」 植西聰(心理カウンセラー) 著 自由国民社より

<幅のある人間関係をつくることで、心が安定する>
 ◆色々な人とつきあっていく

仕事の関係者だけとつきあうのではなく、オフの時間を使って友人と会ったり、趣味や勉強の会に参加して幅広い人間関係をつくっていくほうが、精神的に安定します。また、ある特定の友人とばかりつきあうのではなく、いろいろな知識や経験を持つ友人や知人たちと幅広くつきあっていくほうが、平常心が保てます。

人間関係では様々なトラブルが生じます。ちょっとしたことで、相手にイヤな思いをさせられることもあります。そんな時に、幅広い人間関係を持っている人のほうが、イヤな思いから立ち直って平常心に戻るのが早いのです。

たとえば、職場の人間関係でイヤな思いをしたとしましょう。そのような時に、幅広い人間関係を持つ人であれば、仕事とは関係のない友人と会って楽しいおしゃべりをしたり、悩みごとの相談に乗ってもらったりして、気分転換を図ることができます。気分転換ができて気持ちがスッキリすれば、また気持ちを新たにして職場の人たちと接することができるようになります。

しかし、人間関係の幅が狭く、仕事のつきあいしかないという人は、職場の人間関係でイヤな思いをした時に、そのイヤな思いのはけ口がありません。ですから、イヤな思いをいつまでも引きずってしまうことになりやすいのです。

友人と口ゲンカをしてしまった時も同様です。人間関係の幅の広い人は、ケンカをした友人とはまた別グループの友人に会って、気持ちをリフレッシュすることができます。気持ちが入れ替われば、ケンカをした友人とも簡単に仲直りができます。
しかし、人間関係の幅の狭い人は、ケンカをした友人への怒りや怨みの感情にいつまでも振り回されてしまいがちなのです。

ですから、色々な生活環境を持ち、様々な価値観を持つ人たちと幅広くつきあっていくように心がけるのが平常心を保つのにはいいと思います。

つづく


テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/10/05(月) 12:02:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0
<<ブログのタイトルと内容について | ホーム | 誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 その13>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (253)
吉本新喜劇 (6)
自己啓発・成功法則 (448)
日常 (42)
写真 (663)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (188)
谷山浩子 (88)
鉄道写真 (71)
落語 演芸 映画 (7)
音楽 (94)
小林正観さん (59)
プラモデル・模型など (39)

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR