カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

男はつらいよ 第32作 口笛を吹く寅次郎 

何年か前に、となり町の文化会館で、500円で映画「男はつらいよ」が3作観られるという企画がありまして、観に行ってきました。

土日の2日連続で合計6作品を観てきました。

その中でも印象に残ったのは、第32作でした。

岡山県高梁のお寺の娘役の竹下景子がマドンナでした。

たしか竹下景子は離婚して実家に戻ってきたという設定でした。当時何歳だったかは調べればすぐわかるでしょうが、私の見た印象では30代前半くらいで、若すぎず、なかなか色っぽかったです。

atsumi.jpg

「男はつらいよ」を観ていると、寅さんのダメさ加減が自分と重なって、何とも言えない気分になります。

寅さんは毎回マドンナにふられるけど、この第32作は、実質的に寅さんが竹下景子(役名と俳優名がごっちゃになってすみません)をふったのではないかと思いました。

寅さんも寺を継ぐ気になって、柴又に帰っても帝釈天で修行を始めたし、竹下景子もすっかりその気になっていたと思います。

いちばん印象に残ったのは、竹下景子が柴又に寅さんを訪ねてきて、帰りに寅さんが柴又駅まで見送りに行った時、電車が来た時に、竹下景子が寅さんの袖を引っ張った場面でした。

たしかこの時は2人とも当たり障りのない会話しかせず、寅さんが「所帯を持とう」とか言えばすんなりいったし、竹下景子もそれを望んでいたと思います。そういう意味で、早く「肝心な話をしてよ」という意味を込めて、袖を引っ張ったんだと思います。

なにかの本で、キャバクラ嬢が客に延長をねだる時、袖を引っ張ったりするというようなことを読んだことがありますが、男としては、袖を引っ張られるとデレ~としてしまうものかもしれません。

それなのに寅さんは話をはぐらかすし、「おにいちゃん、東京駅まで見送ってきたら?」というさくらの言葉にも耳を貸しません。

観終わって会場を出た後に、「寅さん、あんたがひとこと言っていりゃあ、竹下景子と一緒になれたんだよ。ほんとにあんたはダメだねえ。でも結婚しちゃうとシリーズが終わっちゃうしなあ」と思いながら帰ったものです。

その他にも杉田かおるや中井貴一は流石いい演技をしていたし、レオナルド熊とあき竹城も見られたし(たしかあき竹城は、トラック野郎でおっぱい丸出しになりましたね)、この第32作は好きな作品です。

とにかく、竹下景子が良すぎた・・・。


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2015/09/20(日) 21:51:42|
  2. ブログ
  3. | コメント:0
<<平常心のコツ その16 | ホーム | 今日の言葉(ついてるカード)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (248)
吉本新喜劇 (6)
自己啓発・成功法則 (445)
日常 (42)
写真 (648)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (186)
谷山浩子 (86)
鉄道写真 (71)
落語 演芸 映画 (7)
音楽 (93)
小林正観さん (59)
プラモデル・模型など (33)

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR