カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

平常心のコツ その11

「平常心のコツ」 植西聰(心理カウンセラー) 著 自由国民社より

<相手の心の中を読みすぎると、自分の心が振り回される>
 ◆深読みしないで、問いかけてみる

人は「他人の心の中を察する」という能力を持っています。この能力は周りの人たちと仲良く共に暮らしていくために、とても大切な能力です。たとえば、最近ちょっと元気がない人がいたとしましょう。そんな人の様子を見て、「何か悩み事があるのでは?」と相手の心の中を察することができるからこそ、やさしい気持ちで「どうしたの?私が力になれることがあれば、何でも言ってちょうだい」と話しかけられます。そのようにして人と人とは、お互いの心の中を察しあいながら絆を強くしていくのです。

ただし、相手の心の中を読みすぎない、ということに注意しておくほうがいいと思います。相手の心の中を読みすぎると、そのために自分の心が振り回されてしまう、という事態になりがちなのです。

相手の心の中を読みすぎるタイプの人は、最近元気がない人の様子を見て、「何か悩み事があるのだろうか。もしかして私のことで悩んでいるのではないか?私のことを『あんな不器用な人と一緒にいると、自分まで迷惑をこうむる。どうしたらいいんだろう』と思って悩んでいるのではないか?」といった具合に、余計な考えにまで及んでしまいがちなのです。こうなると自分自身のほうが、どんどん落ちこんでいってしまうことにもなりかねません。

ですから、相手の心の中を察するにしても、「何か悩み事があるのではないか」というところで止めておくほうがいいと思います。その「何か」まで、自分のほうで勝手に悪い方向に想像をめぐらさないほうがいいと思います。相手がなぜ落ちこんでいるかは、優しく相手に問いかけてあげればいいことだと思います。

つづく


テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/09/14(月) 00:01:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0
<<青森 下北半島の鉄道 | ホーム | 大糸線>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (210)
吉本新喜劇 (4)
自己啓発・成功法則 (432)
日常 (42)
写真 (560)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (179)
谷山浩子 (83)
鉄道写真 (62)
落語 演芸 映画 (6)
音楽 (73)
小林正観さん (55)
プラモデル (14)

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PR

↓夢をかなえるカードです。プレゼントにもぜひ!

↓「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健さん

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR