カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

「100%幸せな1%の人々」 小林正観 著 その54

「100%幸せな1%の人々」 小林正観 著 中経出版 2012年 より

<54 お金に嫌われる使い方は3つ、
1 ギャンブル
2 贅沢・華美
3 貯め込むこと>


これからお金に困らない人になるために、知っておくとためになる話をします。

ドラマで、お金持ちの家を演出するときと、貧乏な家を演出するのとでは、その仕方が違うのだそうです。どういうふうに違うのかというと、お金持ちの家はものを置かない。でも、貧乏な人の家はゴタゴタとものをたくさん置きます。

本当のお金持ちというのは、ものをたくさん買うというよりも、いつどのようにお金を使うかを考えている人たちです。どのように使えば、まわりの人に喜ばれるかをいつも考えている人たちです。

その結果として、まわりの人たちは「その人にずっと富を蓄えてもらいたい」と思うことになります。そこに、妬みや嫉妬は起きないでしょう。

お金を貯め込んでいかに自分がいい思いをするか、というのではなく、まわりの人たちにいかに喜ばれる存在になるかをいつも考えて富を蓄えている人は、お金が向こうから勝手にやってきます。
どうも、お金というのは、「意思」を持っているらしい。

地球上のすべてのものは、喜ばれたいと思って存在しています。お金自身も、喜ばれたいと思っています。喜ばれる使い方をしてくれる人がいると、自らの意思で、その人のところに行きたがる。そこに参加をしたいらしい。

でも、お金が入ってきたときに「じゃあクルマを買い換えよう」とか「海外旅行に行こう」とか、そういうふうに自分をいかに楽しませるか、自分がいかに物質的に満足できるかという観点でのみお金を使う人のところには、どうもお金は集まりたくないようです。

お金自身が、一番嫌がる使われ方はギャンブル。一擢千金を狙うお金の使われ方は、すごく嫌がるらしい。

2つ目は、お金が入ったときに、生活が派手になる。贅沢、華美というのも、お金はすごく嫌がります。

3つ目は、貯め込まないこと。
「水とお金は流さないと腐る」といいます。だから、お金の流れを留まらせない。
「じゃあ、お金が貯まったら使いましょう」と言う人がいますが、それは逆。
先に出すことによってはじめてお金が入ってきて、流れがよくなるようです。




ブログをご覧いただきありがとうございます。


テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

  1. 2017/04/25(火) 21:52:46|
  2. 小林正観さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<開店準備 | ホーム | 個人授業 (フィンガー5) 藤本☆小夏とファンタジー >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phm202.blog.fc2.com/tb.php/1804-f1ad89ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (242)
吉本新喜劇 (6)
自己啓発・成功法則 (441)
日常 (42)
写真 (623)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (183)
谷山浩子 (84)
鉄道写真 (66)
落語 演芸 映画 (7)
音楽 (91)
小林正観さん (59)
プラモデル・模型など (23)

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

↓夢をかなえるカードです。プレゼントにもぜひ!

↓「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健さん

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR