カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

「100%幸せな1%の人々」 小林正観 著 その37

「100%幸せな1%の人々」 小林正観 著 中経出版 2012年 より

<37 自然治癒でガン細胞がなくなった人の共通項は、「ガンになった後の方が、はるかに幸せだった」と思った人たち>

ガンと診断されたにもかかわらず、500人に1人、自然治癒力でガン細胞がなくなってしまった人たちがいます。その人たちに共通しているのは、「ガンになる前よりもガンになった後の方が、はるかに幸せだった」と思っていることです。つまり、「ガンになってよかった」と思った人たちなのです。

ガン患者の仲間というのは、とても優しい人たちです。そこではみな、まさに命を懸けてさまざまな情報交換をしています。ガンにならなかったら、「戦うこと」「争うこと」「競うこと」だけの価値観で、競争社会のライバルとしのぎを削って一生を終わったかもしれないのに、ガンになった結果、こんなにも優しく、親切で、温かく、明るい人たちがたくさんいることに気がついた。今までの自分ならかかわりを持たなかったような、心温かい人々と知り合うことができて、本当にガンになってよかった

ガンになったことでこのような気づきがあり、人生が豊かになったということ。
ガンはつらいと思っているとどんどん進行しますが、感謝をしていると、ガン細胞がとても増えにくくなるようです。

以前、「末期ガンで余命3ヵ月なんですけど、どうしたらいいでしょうか」という質問を受けたことがあります。私は「3ヵ月後に死ぬということに関心を持たないで、目の前のこと、人、ものを大事にしましょう」と答えました。
ガンであと3ヵ月の命、と宣告されたら、それをどうやって半年、1年に延ばそうかと思うのではなくて、その3ヵ月の間に、「どれだけ人に喜ばれたか」ということを、足跡として残していく方がいいと思います。「喜ばれること」は、自分が「喜びを感じること」とイコールです。

今まで「喜ぶことが少なかった人」が、ガンになっているのかもしれません。仮にガンになったとしても、あらゆる病気の中でガンは余命幾月というのがわかりますから、「神様、死ぬ時期を教えてくださってありがとう」と感謝することもできる。
自分から温かいものを投げかけていて、まわりから「ありがとう」と言われたら、言われた方の人間が幸せをたくさん感じられるのだから、ストレスがない。ガンだと言われても感謝すらできるかもしれない。死ぬまでの間に、どれほどの人に喜んでもらえるかを、ひたすら考えてみる、というのはどうでしょう。

ある医療関係者の報告ですが、ガンで余命3ヵ月と宣告されてから、奇跡的にガン細胞が消滅して治った人の共通項と、治らずに死んでしまった人の共通項というものがあるそうです。

前者は、「ガンをどう治すか」ではなくて、「残された3ヵ月という時間をどう生きるか」に考え方を切り替えた人であり、その3ヵ月をなんとか1年に延ばそうとして闘病生活に明け暮れた人は、3ヵ月後に死んでしまうことが多いそうです。

ガンと闘うと死に近づいていきます。反対に残された時間を充実させた人は、ガン細胞が消滅する可能性があるのではないでしょうか。私のまわりにはなぜかガンが治ったという人がたくさんいますが、そういう因果関係にあるようです。
そして、生き残った元ガン患者さんたちは「もう何も人生で心配することはなくなった」と全員がおっしゃいました。余命3ヵ月と言われた状態で毎日を過ごしているので、日々一瞬一瞬を楽しんでいれば、残された余命がどれくらいかということは、もう関係がないからだそうです。



ブログをご覧いただきありがとうございます。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/12/22(木) 13:22:57|
  2. 小林正観さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小田急線 | ホーム | 住宅街を見下ろすビル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phm202.blog.fc2.com/tb.php/1520-74d79e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (188)
吉本新喜劇 (3)
自己啓発・成功法則 (427)
日常 (42)
写真 (525)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (177)
谷山浩子 (81)
鉄道写真 (58)
落語 演芸 映画 (6)
音楽 (67)
小林正観さん (53)
プラモデル (13)

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

PR

↓夢をかなえるカードです。プレゼントにもぜひ!

↓「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健さん

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR