カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 その7

「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 解説 小倉広 ダイヤモンド社より

コンテンツ7

<敗北を避けるために、時に人は自ら病気になる。「病気でなければできたのに…」そう言い訳して安全地帯へ逃げ込み、ラクをするのだ>

私の友人は会社で常に良い成績をあげていました。そして周囲よりも早く管理職に昇進し部下を持つこととなりました。しかし、名選手必ずしも名監督ならず。自分流のやり方を押しつけた結果、彼は部下から総スカンを食ってしまいます。やがてそれは周知のこととなります。彼は会社へ行くのが怖くなってしまいました。気がつけばうつ病にかかっていました。こうして、彼は会社へ行かなくても済む「免罪符」を手に入れたのです。

ある若手女優が初めての主演舞台の準備中に体の震えが止まらなくなり、練習ができず舞台が中止に追い込まれる、ということがありました。本人は頑張ろうとしたらしいのですが、立ち上がることすらできないほどの虚脱感があった、ということです。

「人は人生の敗北を避けるために、あらゆるものを利用する」とアドラーは言いました。時に人は自分でも気づかないうちに病気を作り出すことがある、というのです。病気になれば会社や学校へ行かなくても済む。人前で無様な姿をさらさなくても済む。そう思うと、「頭痛」「腹痛」「発熱」「吐き気」「パニック」などの症状を無意識のうちに作り出すことがある。これを心理学では「疾病利得」といいます。

病気になるのは辛いことです。しかし、衆目の下で自らの敗北をさらされることに比べれば、なんということはありません。負け戦に挑むくらいならば病気の方がましだからです。

つづく


テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/06/22(月) 00:02:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0
<<植物が育つ不思議なゼリー | ホーム | 今日の言葉(ついてるカード)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (247)
吉本新喜劇 (6)
自己啓発・成功法則 (444)
日常 (42)
写真 (644)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (186)
谷山浩子 (85)
鉄道写真 (71)
落語 演芸 映画 (7)
音楽 (93)
小林正観さん (59)
プラモデル・模型など (31)

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR