カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

社長のベンツは本当に4ドアなのか?

図書館で「社長のベンツは本当に4ドアなのか?」朝日放送ムーブ!制作班著 アスコム 2006年 を読み、面白かったところをメモしてきました。

51RAKX404YL-2.jpg

●拘置所に入ったら布団は持ち込まないといけない?

「元刑務官が明かす東京拘置所のすべて」という本を書いた元刑務官、坂本敏夫さんによると、「法律では、被告の布団や衣類は自弁(購入か差入れ)でまかなうことになっていますが、収容者の中にはお金を持っていない人も多く、ほとんど貸与です。
お金持ちの方は、家族が買って差入れられることも多いです」とのこと。
「暖房がなかったというのも昔の話。拘置所は窓が開かないので、今は空調完備になっています」

拘置所は意外と融通が利くようです。

食品では、ドーナツ、あんぱん、スナック菓子、仁丹、やきとり缶、ジュースやコーヒーなどが所内で買えますし、拘置所が出す食事の代わりに、お金を払って弁当を買うこともできます。もちろんお金がない場合でも、必要最低限のものはもらえたり、貸してもらえたりするそうです。

一方、融通が利かない部分はどんなところか。

① 天井のスピーカーから1日2回ラジオは聞こえてくるが、テレビやパソコンはない。時刻を決めて騒いだり脱獄したりするのを防ぐため、時計もない。
② プライバシーを確保すると同時に外部との連絡を防ぐため、外は見えない。
③ 収容者間の伝言などを防ぐため、となりの人と窓越しで話すのは厳禁。
④ 異常を即座に感知するため、座る位置、寝る位置は指定。
⑤ 死亡や脱獄にいち早く気づくために、布団は頭までかぶってはいけない。
⑥ 天井にはカメラと人感センサーがついている。

ということです。
拘置所にいる人はあくまで「無罪かもしれない人」。ゆえに必要最低限の生活が守られるのです。

●「無断駐車に罰金」が違法なら、無断駐車し放題?

2005年に大阪で起こった事件。女性がUターンするために駐車場へ車を半分ほど乗り入れたところ、この駐車場の管理人の男性がやってきて、「不法侵入や!罰金を払え!」と言って、女性から3千円徴収しました。ところが翌月、この管理人の男は恐喝容疑で逮捕されてしまいました。

この男は、駐車場に「無断駐車は見つけ次第、罰金1~3万円を徴収」「不法侵入厳禁」などという看板を出して、2ヵ月の間に7人から罰金を徴収していたそうです。
同じような看板は、どこの駐車場にもよくあります。金額もバラバラです。弁護士に聞いてみました。

「わが国には表現の自由がありますから、看板に罰金を書くこと自体は違法ではありません。しかし、罰金は本来、国が課するもので、個人が勝手に課することはできません。看板に管理人が金額を勝手に書いたとしても、それに拘束力はないのです。もし、その金額を強制的に徴収してしまうと違法になってしまうのです。
だからといって、月極駐車場に無断駐車しても罪にならないというわけではありません。場合によっては「業務妨害罪」として刑事罰を受けたり、「損害賠償」を請求される可能性もあります」

「違法駐車で裁判までもっていくのは、現実問題として難しいでしょう。ただ、だからといって簡単に無断駐車していいわけでもない」
一人ひとりのモラルが問われます。

●社長の車は、ほんとうにベンツなのか?

「なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?」(小堺桂悦郎著)という本が、よく売れているようです。「4ドアの高級外車は会社の経費として認められるが、2ドアのスポーツタイプ車は否認される」とか「中古で買えば償却期間を短くでき、より節税になる」など、車などの固定資産の扱いを企業会計の側面から解説しています。

本当に世の社長さん方は「ベンツ」に乗っていて、そのベンツは本当に「4ドア」なのか。

取材班が大企業、中小企業合わせて65社に取材して、有効回答を得た15社のうち、ベンツは1社だけ(しかも2ドアだった)、クラウンが6社、セルシオが4社、ほかレクサス、ジャガー、ポルシェ、BMWが1社ずつという結果。

社長の車は4ドアのベンツじゃなかった!

税理士に聞きました。
「プライベートで乗っている方は多いですが、今どき社用車としてベンツに乗っている社長は少ないですね。高級外車を社用車にして経費で落としているのは、私の知る範囲では、同族会社で個人と法人の区別がつきにくい企業くらいです」
「最近の会社は節税になるからといって、わざわざ高級車を買ったりすることは減ってきています。リースのほうが節税できるという声もありますが、リースのほうが現金で買うよりも高くつくことは間違いないので、資金的な余裕があるなら現金で購入することが多いのではないでしょうか」

また、国税当局も形式よりは「実質」を重視して判断するようになり、節税の抜け穴もドンドンふさいでいるそうです。
企業にも余裕があって、体面を気にしていたよき時代は、今となっては昔のこと。バブル崩壊を経て、物事を実質で判断する、ドライな世の中に変わってしまったようです。
致し方ありませんが、出世の夢もなくなってしまったみたいで、少し寂しい気もします。




↓こういう看板は「表現の自由」で出してもいいけど、拘束力はないということですね。
IMGP4631-2.jpg

DSCN5546-2.jpg


ブログをご覧いただきありがとうございます。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/08/05(金) 02:15:44|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人生が全部うまくいく話」 斎藤一人著 その38 | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phm202.blog.fc2.com/tb.php/1184-c19eadc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (195)
吉本新喜劇 (4)
自己啓発・成功法則 (429)
日常 (42)
写真 (528)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (177)
谷山浩子 (82)
鉄道写真 (59)
落語 演芸 映画 (6)
音楽 (69)
小林正観さん (54)
プラモデル (14)

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

PR

↓夢をかなえるカードです。プレゼントにもぜひ!

↓「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健さん

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR