カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

人生が全部うまくいく話」 斎藤一人著 その22

「人生が全部うまくいく話」 斎藤一人著 三笠書房 知的生きかた文庫 2004年 より

『私の観音参り~~そこに行くだけで「御利益」があるんです』

二〇歳の頃、私は、毎日毎日、本を読んでいました。
そうしたら、歩いてるだけで足がカクッとなっちゃったんですよ。
足が弱っていて、歩けなくなっていた。

そのとき、もともと私はスポーツが苦手ですから、「何か運動ができないかな」って考えたんですよ。
そこでテレビを観ていたら、年寄りのおじいさんとかおばあさんが観音参りをやっていたんで、おじいさん、おばあさんができれば、俺もできるだろうということで、秩父の観音参りを最初にやってみたんです。

そうしたら、「おじいさん、おばあさんができれば、俺もできるだろう」どころじゃなくて、えらい大変でひどい目にあったんです。
だけど、空気も良いし、景色も良いし、順番に巡って歩くしで、「非常に楽しいなー」と、それからやみつきになったんです。

神秘性はありません。
これがいいところなんです。

ただ、私がいつも観音参りをしてると言うと、「観音様を回ったりすることによって御利益あるんですか」って聞く人がいるけど、そんなこと、あるわけがないんです。
神様にお参りして、商売がうまくいくなら、神主かお坊さんが商売やればいいんだよ。毎日お参りしているんだから。
本家本元が寄付もらわなければ生きていけないようなものが、なんで商売につながるのか。

観音参りは趣味なの。
俺の趣味で、ただ歩いている。

ただ歩いてるたって、目的がないより、一番札所、二番札所って参って歩けば、楽しいじゃないの。
だから行くだけなの。

それで大きく言えば、観音参りっていうのは、健康じゃなきゃ行けない、いくらか旅費も持っていなきゃ行けない、安心して家あけられなければ行けないんだよ。
この三つが備わってなければ行けないんだから、これ以上の御利益はないの。行けるだけで御利益なの。
だから、「観音参りに行って、なんかお願い事してるのか」って聞かれるけど、するときもあれば、しないときもあるの。

だけど、それが商売につながりますかって、つながりません。
そんなわけないでしょう。



ブログをご覧いただきありがとうございます。

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/06/26(日) 00:01:00|
  2. 斎藤一人さん
  3. | コメント:0
<<谷山浩子 「HIROKO TANIYAMA '70S」Extraトラックより その4 | ホーム | 梅雨空>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (253)
吉本新喜劇 (6)
自己啓発・成功法則 (448)
日常 (42)
写真 (664)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (189)
谷山浩子 (88)
鉄道写真 (71)
落語 演芸 映画 (7)
音楽 (95)
小林正観さん (59)
プラモデル・模型など (39)

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR