カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

「微差力」 斎藤一人著 その28

「微差力」 斎藤一人著 サンマーク出版 2011年 より

<28 みんなに必要な観音菩薩の行>

私の教えで「愛の押し出し」というのがあるんです。

人のために何かをやるとき、人を導くとき、この愛の押し出しが必要なんだ、と私は言うのです。

ところで、愛の押し出しとは、いったい何なのか。
私の知り合いで、スゴイ才能があって、スゴイいい人がいます。
 
その人は、自分の地元を盛り上げるために、「こうしよう」とか、「ああしよう」とか、一生懸命、町の人たちに訴えているんです。
ところが、町の人は聞く耳を持ってくれない。

なぜかと言うと、その人は清貧の人、「清く貧しく美しく生きるのが正しい」と思っているからです。
要するに、その人は、着る物から身につける物から、すべて地味なんです。
そういうのを、一人さんは「押し出しが足りない」と言うのです。

本人は、地味にしているのが「正しい」と思ってやっているのだけれど、人間って、そういうものではないのです。
人間というのは、あなたをひと目見たとき、「この人、スゴイ」と思うから、言うことを聞いてくれるのです。
「あの人、本当はスゴイ人だったんだぁ」
そうやって、あとでスゴさをわかってくれることを期待しても無理です。だって、人間、本当にわかりあえるほど、そうそう頻繁に会うことはないのだから。

だから、はじめて会ったそのとき、相手があなたを「スゴイ」と思わないとダメなのです。
そのために「愛の押し出し」というものがいる。

殿さまというのは、お城に住んでて、立派な駕龍(かご)に乗ってやって来るから、庶民は「殿さまだ」とわかるんですよね。また、そういう人にほめられるから、うれしいのです。

この前の戦争だって、天皇陛下が「戦争はやめよう」と言ったから、終わったんです。天皇陛下は皇居に住んでいるのです。
その辺の人が同じことを言っても誰も聞いてくれませんよ。わかりますか?
どんな人がものを言うか、なのです。

お釈迦さまは布みたいの巻いてても、みんなに尊敬された。だから、人間、なりじゃないんだ、と言うけれど、そうじゃないのです。
お釈迦さまは王さまの息子だということを、みんな、知っていた。しかも、いろんなエライ人、他の国の王さまやなんかがお釈迦さまに頭を下げているところを見ていたのです。

だから、みんな、お釈迦さまの話をありがたがって聞いたんですよ。お釈迦さまの素性を知らないで、最初から「教えがすばらしいから」って、聞いたのではないのです。

だいたい、あんな難しい説法、聞いたところで、普通の庶民には、わかりゃあしない(笑)。
そうではなくて、エライ人が頭を下げたりしてるから、「あ、この人、エライ人なんだ」と思って、人は聞く気になるのです。わかりますか?

だから、ホントに人を導いてあげたい、救ってあげたいと思ったら、汚いカッコしてちゃダメです。清潔にしてても、地味じゃダメなんです、
人がパッと見て、「この人、カッコいい」とか、「ステキ!」と思うような、カッコをしていないといけない。
それが、「愛の押し出し」というものです。

だから、観音菩薩って、スゴイきらびやかでしょ? 観音さまは、人を救うために、ああやって、おしゃれにしているのです。
人は「いいなぁ、こういう人にあこがれるな」って思って、はじめて話を聞くものなんです。それじゃないと、聞く耳持ってくれない。だから、きらびやかなカッコしてるのです。
それが、愛の押し出し。

だから、私は、お弟子さん、「まるかん」の社長たちに言うのです。
「みんな、キチッとした身なりをするんだよ」
「おしゃれで、華やかな服を着てなよ」
「アクセサリーとかつけて、華やかにしてなよ」

見栄で、「そうしろ」と言ってるのではないのです。
世間の人が、ひと目見て「この人、ステキだな」って思うような身なりや話し方をしないといけないんです。
だから、人のためにやるものって、あるんですよ。

人にいいこと教えるのだから、何もしなくていいんだ、ではないのです。
すばらしいビルを建てるには、土台がいります。しっかりとした土台を築いてから、その上に家を建てるのと同じように、いい意見を言うのには押し出しがいるのです。

押し出しもしないで、いい意見だけ言ってて、「みんな、オレの言うこと聞いてくんない」って、そんなもの当たり前ですよ。人間は、そういうふうにできていないのです。そんなものです。それが現実です。

みんな、うまくいかないのは、現実を無視しているんです。
飛行機を飛ばそうと思ったら、羽をつけて、プロペラをつけて、ちゃんと道理どおりのことをやらないと。現実を無視したら、飛行機は飛びませんよ。

それと同じように、人に話を聞いてもらおうと思ったら、聞いてもらえるだけの段取りをつけないといけないのです。
さっきの話じゃないけれど、「ウチの会社は士気が高まらないんです」って、あなた、高まるだけの段取り、ちゃんと踏んでるんですか?
「お湯が沸騰しないんです」というときは、火が足りないか、何かですよね。それと同じように、きちっとしたこと、しないとね。

指導者というのは、いい話さえすればいい、ではありません。いい話するのは当たり前。聞くムードまで作らなきゃダメなんです。わかりますか?

相手が聞きたくなる雰囲気にならなきゃ、それをかもし出さなきゃダメなんですよ。そうすると、大勢の人を救えるんですよね。
この押し出しを、自分のためでなく、人のために、あなた、できますか?

自分のためだけを考えて、おしゃれしてる人、だいたいダメになります。
だけど、人のため、ばっかり考えてる人もダメです。

やっぱり、自分のためにも人のためにもなるのが、本物ですよ。




この、「人は見た目が肝心だ」「あんまり地味なかっこうしてたらダメだよ」「何をやるにも押し出しが大事だ」というのは、斎藤一人さん独特の考え方ですね。


ブログをご覧いただきありがとうございます。




テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/04/01(土) 23:52:31|
  2. 斎藤一人さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TaoTronics TT-BH07 Bluetoothイヤホン

スマホに替えてから、音楽やインターネットラジオを通勤途中や外出先でイヤホンで聴くことが多くなったのですが、ケーブルが煩わしくて、何とかならないかと思っていました。

何かの拍子にケーブルを引っかけて、スポッと耳から抜けたりするとイラッとしたり、風が強い日はケーブルがヒューヒュー鳴ったりして、何とかならないものかと。

そんな中、仕事関係の20代の若い人と話していたら、5万円のBluetoothのヘッドホンを持っているとのこと。

「やっぱり無線だと高いんですね」
「いえ、安いのもけっこうありますよ」

ということで、家に帰っていろいろ調べてみました。


そうしたら、TaoTronics(タオトロニクス)のTT-BH07というイヤホン→https://www.taotronics.jp/TT-BH07-Bluetooth-4.1-Stereo%20Earphones.htmlが、amazonで2、999円(送料込み)で買えることがわかりました。

いくつかレビューを見ても、値段の割にはいい音だ、ということだったので、購入してみました。


DSCN7694-2.jpg



↓ 説明書・ポーチ・予備パーツ・USB充電ケーブルが入っていました。
DSCN7695-2.jpg



↓ 本体にマグネットがついていて、左右をくっつけることができます。
DSCN7709-2.jpg



DSCN7706-2.jpg



↓ リモコンでいろいろ操作ができます。マイクがついていて、電話の通話もできるようです。
DSCN7700-2.jpg



↓ 装着イメージ
DSCN7699-2.jpg



スマホとの相性はバッチリで、一度ペアリングしてしまえば、イヤホンの電源を入れればイヤホンから音が出て本体のスピーカーはOFFになるし、イヤホンの電源を切れば、すぐに本体から音が出てきます。

説明書には最大6時間の再生時間と書いてあります。

3月22日から使い始め、今日4月1日にはじめて電池切れになりました。

もちろん使わない日もあり、使う日も最大1時間くらいでした。

やはりこの手のものは電池切れが恐いので、自分の使用頻度によって、何曜日と何曜日に充電すると決めたり、緊急用にケーブルつきのイヤホンをカバンやポーチに忍ばせておくなどの対策も必要かもしれません。

装着感は快適で、まるで耳に吸いつくようです。
レビューによってはイヤーフックを耳のくぼみに入れるのが慣れないと難しい、という人もいるようですが、私はすんなり装着できました。

極端な話、ジョギングや激しい運動をしながら聴かないのであれば、イヤーフックはつけなくても大丈夫かなと、私は思いました。

肝心の音ですが、素人の私には十分すぎる音で、ケーブルつきのフィリップスの4、000円のイヤホンとの違いがわからないです(笑)。

左右をつなぐケーブルはついていますが、スマホやプレーヤーとの間はワイヤレスなので、すごく快適です。

これで3、000円未満というのはお買い得ではないでしょうか。




  1. 2017/04/01(土) 23:01:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンビニのコピー機に原稿が

先日、私用でFAXするため、コンビニのマルチコピー機を使いました。

カバーを開けると、A4の紙がすでにセットされている状態でした。

申し訳ないと思いながらチラッと見てみると、配達先がどうのこうのとか、S教新聞何部、○×新聞何部とか書いてあり、10数人の住所と氏名もばっちり書いてありました。

もちろん店員さんに届けましたが、個人情報漏れまくりですね。


だいぶ昔ですが、アルバイトの仕事の一環で、コピー機のハードディスクをドリルで物理的に破壊するという作業をしたことがあります。

コピーすると、コピー機のハードディスクに情報が残るんですね。


今の時代、ある程度個人情報が漏れてしまうのはしかたがないかもしれませんが、コンビニのコピー機に原稿を忘れてしまうのは、気をつければ防げそうです。

私も気をつけたいと思います。

今の職場じゃ、メモ代わりに私用のスマホで開発中の装置や実験データを撮っている人がいるけど(私もたまに)、大丈夫なのかしら。
まあ、大したものは開発していませんが・・・。







  1. 2017/04/01(土) 03:07:40|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (189)
吉本新喜劇 (3)
自己啓発・成功法則 (428)
日常 (42)
写真 (526)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (177)
谷山浩子 (81)
鉄道写真 (58)
落語 演芸 映画 (6)
音楽 (68)
小林正観さん (53)
プラモデル (13)

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

PR

↓夢をかなえるカードです。プレゼントにもぜひ!

↓「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健さん

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR