カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

ネコ

ビックリしたような顔をしていました。

DSCN7270-2.jpg


DSCN7271-2.jpg



テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/16(月) 20:37:09|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「微差力」 斎藤一人著 その19

「微差力」 斎藤一人著 サンマーク出版 2011年 より

<19 成功の秘訣(わかる人には、この話はスゴイ話ですよ)>

人間界って、おもしろいですよ。

人間は、だいたい同じような波動の人と一緒にいるのです。
簡単に言うと、「常に、どんぐりの背比べ」みたいなものです。
そのなかで、一個だけ微差をつけると、ちょっと、頭一個分、上がります。頭一個分上がる、それだけで十分です。

頭一個分、出てくると、今度、そこでまた、どんぐりの背比べになります。つきあう人とかが、今までと違ってくるけれど、常にどんぐりの背比べ。
だから、そのなかから、また一個分だけ、ちょっと、出ればいいのです。

「自分が伸びる」とか、「どんぐりがデカクなってくる」って言うと、たいへんそうに思いますよね。ところが、本当は、たいへんではないのです。

たとえば、たとえばの話ですよ。
日本一高い山といえぱ、富士山ですよね。
自分を日本で一番高いところに置きたかったら、富士山に登ればいいんですよね。富士山のてっぺんに行くと、日本で一番になれる。

ただ、富士山には、年間何万人かが登るんです。じゃあ、日本一になれないじゃないかと思うかもしれないけれど、ほとんどの人は、肝心なことを忘れているんです。
それは何か。
富士山に脚立(きゃたつ)を持って行く人が一人もいない(笑)。

踏み台をかついで行って、山頂で踏み台を出して乗れば、日本史上最高に高いところに立てるのです。
せこい話かもしれないけれど、事実上、そうなんですよ。
脚立を持って行く。この微差で、大差なんです。

要するに、自分がいる業界、職場でも、一番の人がいますよね。その人がやってることを、じぃーっと見て、いいことをマネすればいいんです。
そこに脚立分だけ、ちょっと、微差をくっつければいいだけなのです。そしたら、大差です。わかりますか?

自分が蕎麦の修行をやっているんだとしたら、人気店の蕎麦を一生懸命、食べたりして、それに、ちょっと乗せるのです。それで大差です。
それなのに、「自分は自分のオリジナルで行くんです」とか言って、下から全部、自分でやろうとする人がいるのです。
それ、富士山を自分で作ろうとしているのと同じです。
そんな苦労はやめたほうがいいですよ。
自分一人で富士山を作るのは不可能ですよ。

それより、もうすでに富士山があるのです。周りじゅうに、宝の山が転がっているのです。
そこへ脚立を持って行って、乗ればいいだけなんですよ。



ブログをご覧いただきありがとうございます。


  1. 2017/01/16(月) 20:08:43|
  2. 斎藤一人さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (253)
吉本新喜劇 (6)
自己啓発・成功法則 (448)
日常 (42)
写真 (663)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (188)
谷山浩子 (88)
鉄道写真 (71)
落語 演芸 映画 (7)
音楽 (94)
小林正観さん (59)
プラモデル・模型など (39)

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR