カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

本田健さん 一般に初の顔出し

「ユダヤ人大富豪の教え」や「17のことシリーズ」などで有名な作家の本田健さんですが、1月9日の20時から一般には初の顔出しとなる、無料WEBセミナーを生で配信されるというので視聴しました。
「2017年、未来は、えらべる!」というテーマでした。

本田健さんは今年から本格的に海外進出を考えていらっしゃるそうで、またお嬢さんも18歳になってプライバシーの問題もあまりなくなったことなどから、これからは徐々に顔出しを解禁していかれるようです。

ホームページなどで長めの髪にちょっと太めの後姿は拝見していたので、顔はだいたい私のイメージに近かったです。

Dear Kenでおなじみの聞き手の小林まどかさんはすごい美人ですね~。

一般に初の顔出しということで、今回この画像をアップさせていただきますが、問題がある場合はコメントしていただければ、気づいた時点ですぐに削除いたします。


無題1-2


無題7-2


無題9-2


↓ 本田健さんのお話を聴きながら、小林まどかさんばかり見ていました(笑)
無題8-2


無題10-2


無題2-2

1時間の予定を10分オーバーしてお話をしてくださいました。

これからメモを自分なりにまとめたいと思います。
ありがとうございました。


本田健公式サイト→http://www.aiueoffice.com/


  1. 2017/01/09(月) 22:44:34|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

窓の映りこみ

ドアのところに立って電車に乗っていました。

駅に止まったら、反対側の電車も止まっていたのでなにげなく写真を撮りました。


DSCN7157-2.jpg

家に帰ってパソコンのモニターで見てみると、マスクをした女性に重なるように、同じくマスクをした人物が映っていてビックリしました。心霊写真か!と(笑)。

DSCN7157-3.jpg

マスクの女性と背中を向けているおじさんは向こうの車両の人ですよね。
イヤホンをしているマスクの男性と右下の子供?はこちらの車両の乗客でしょうか。

JR八高線 北八王子駅にて



テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/09(月) 21:44:19|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「100%幸せな1%の人々」 小林正観 著 その41

「100%幸せな1%の人々」 小林正観 著 中経出版 2012年 より

<41 死ぬことは不幸ではない。人は、自分が書いたシナリオどおりに死んでいく>

ものの見方を考えていくときに、多くの人が必ず出会う問題があります。それは、「病気や事故、死亡というものは不幸ではないのか」、ということです。

結論から言いますと、病気も事故も死去さえも、不幸というものではありません。
病気をした人は、必ず、「より優しい人」になります。十分優しい人でも病気をするのですが、その人はもっと優しさを持った人なので、それを思い出しなさいという意味での病気らしいのです。

本来とても優しい人であったはずなのに、いつの間にか競争社会の中に埋没して、人と争うことばかりしてきた人は、体の奥底の部分で「今の生き方は少し違うのではないか、もうちょっと元の私に戻ってほしい」と悲痛な叫びを上げています。その結果として、優しい人に戻ろうとする。
その場合に、体が「病気」というかたちをとるようです。病気になった人は、必ずまわりの人に対してより優しくなる。そういう結果をともなっています。

同様に、事故を起こした人は、より謙虚になる。自分の能力や努力、才能ですべてのことをやっているんだと思うようになってしまった人は(それを傲慢というのですが)、その結果として、必ず事故を起こすようになっています。事故を起こした人は、必ず、より謙虚になります。

その病気や事故が不幸でないとして、「それでは、その病気や事故の結果として死んでしまうことがあるのではないか。死ぬことは不幸ではないか」と言う人がいると思います。

結論を言いますと、死ぬことさえ不幸ではありません。死ぬこともすべて、生まれる前に「自分が書いたシナリオ」であるということです。私たちは自分のシナリオどおりに生まれ、自分のシナリオどおりに死んでいきます。
私たちは、どういうところで生まれ、どういう名前で生まれ、そしてどのような人生を経ていつ死んでいく、ということを全部シナリオで書いてきたらしいのです。

ですから、私たちが死ぬときは、偶発的に死ぬわけではなく、必ずそのときに、その事情で死ぬことになっているらしい。不運・不幸で死ぬわけではなく、予定どおりに、「シナリオどおりに死んでいく」ということにほかなりません。

「あれをしなければ死ななかった」とか「もう少し別の選択をしていれば死ななかったのに」とか、そういうことはどうもないようです。シナリオのまま、私たちはただ予定どおりに死んでいくらしい。

私たちは、「病気」で死ぬわけではなく、「事故」で死ぬわけではなく、「老衰」で死ぬわけでもない。死ぬのは「寿命」だけ。
病気という名の寿命、事故という名の寿命、老衰という名の寿命で死んでいくのです。単なる「寿命」でしか死なない。たまたまそれが老衰で死ぬときは寿命という言い方を一般的にしますが、実は、病気も事故も、すべて寿命です。

予定どおりに、シナリオどおりに死んでいくということが、私の結論です。ですから、病気も事故も死亡さえも、すべて不幸や悲劇なのではない、といえます。
すべては「自分の書いたシナリオどおり」に起きています、



ブログをご覧いただきありがとうございます。


テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

  1. 2017/01/09(月) 21:43:47|
  2. 小林正観さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネコ

DSCN7171-2.jpg


DSCN7174-2.jpg


DSCN7161-2.jpg

Nikon COOLPIX P330


テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/09(月) 02:32:08|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (190)
吉本新喜劇 (4)
自己啓発・成功法則 (428)
日常 (42)
写真 (528)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (177)
谷山浩子 (82)
鉄道写真 (58)
落語 演芸 映画 (6)
音楽 (69)
小林正観さん (54)
プラモデル (13)

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR

↓夢をかなえるカードです。プレゼントにもぜひ!

↓「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健さん

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR