カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

ネコ

DSCN6631-2.jpg


DSCN6633-2.jpg


テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/16(水) 21:37:24|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「微差力」 斎藤一人著 その6

「微差力」 斎藤一人著 サンマーク出版 2011年 より

<6 仕事のコツは10年先より一歩先>

ここで、ちょっと、仕事の話をします。

「あの人、先に行きすぎたね」
と、周りから言われるような人がいるんです。
「10年後だったら、あの人、成功するのにね」とか言われたりするんですけれど、そういう人は10年後も成功しません。
なぜかと言うと、常に10年先に行っちゃっているのです、そういう人は(笑)。

変な話、競馬で、次のレースが5レースだったら、5レースを当てればいいんですよね。5レースで2-5にくるのだとしたら、2-5の馬券を買えばいい。
それを、「6レースで1-4がくるから」って、5レースでそれを買っちゃったら、配当金は出ません。
配当金が欲しかったら、次のレースを当てるんです。
そして、当たったら、また次を当てる、わかりますね。

仕事もこれと同じです。
次を当てればいいだけなのです。
今より一歩先を読めばいいだけなんです。
10年先、20年先を当ててもしょうがない。10年先は、10年先に当てるんです。
常に、一歩先を読む。
そして、一個だけ上に行けばいいのです。

何の商売でもそうですが、商品には寿命があります。
なぜかと言うと、人間は飽きる動物だからです。
だから、今、出ている商品が消える前に次の商品を出して、また消える前に次の商品を出して、また次の商品出してと、ずぅーっと次々、当たる商品を出さなきゃいけないのです。

それと、仕事のコツというのは、いいですか、よく覚えておいてくださいよ。
「仕事はお金儲けだ」と言うけれど、お金儲けより大切なことがあるんです。
それは、「儲け続ける」ということ。

お金を儲けるというのは、インチキをしても儲かるんです。でも、ずぅーっとは儲かりません、
インチキしてたら、やがては逮捕されるか、訴えられるか、お客さんに逃げられるかのいずれかです。

だから、仕事とは儲け続けることなんです。
そして、商品は、生き物みたいなもの。交替しながら、次々、出ていかなきゃいけない。
しかも、出す以上は、世の中の役に立つものでなければならない。
そうすると、また次につながるのです。
何の仕事でもそうですよ、儲け続けなきゃいけない。

もう一個、言うと、儲け続けている商売が、世の中の役に立っているんです。
要はね、儲け続けないとダメだよ、ってことです。
そのために、常に一歩先を読む。

ホント言うと、10年先は誰でも読めるんです。評論家でも、「こういう世の中が来て」って、当てる人がいっぱいいるんです。
ただ問題は、一歩先を読む人が少ない。

少ないから、自分が今より一歩先を読むクセをつけちゃえば、どんどん上に行っちゃうんです。



ブログをご覧いただきありがとうございます。

  1. 2016/11/16(水) 21:16:02|
  2. 斎藤一人さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「読むだけで運がよくなる77の方法」 その34

「読むだけで運がよくなる77の方法」 リチャード・カールソン著 浅見帆帆子訳 三笠書房 2007年 より

<34 「イヤなこと」には鈍感になる>

体というのは一つの宇宙である。
体は毎日、ドラマティックに動いている。
ちょっと調子が悪いなと思っても、睡眠をとったり、人と話すと元気になってくる。
人間は無意識に心も体もバランスをとっているのだ。

運がいい人は、うまくこのバランスをとる習慣が身についている。
眠れない日が続いたり、強いストレスがかかると、どうしても心や体がアンバランスになってくる。いくら神秘的な底力が眠っている人間の体にも無理が生じる。

イヤなこと、都合の悪いことは即刻、頭から消し去るくらいに、図太い神経を持ったほうがいい。

成功者には大変な心配性が多いものだが、同時に、イヤなことがあってもすぐに解決できる、と固く信じているものだ。
「なんとかなるさ」と信じて疑わない。
だからストレスによって自分が押しつぶされることはない。

”イヤなこと”を「イヤなこと」と判断しているのは、あなたの頭である。しかし、逆転発想すれば”イヤなこと”も、「いいこと」と感じられるようになる。

トラブルのおかげで、あの人の苦言のおかげで「こんなことに気づけた」と考えることができれば、運命を好転させるきっかけにできるかもしれない。

「イヤなこと」が起きたら、どんな場合もまず一歩下がって、その「イヤなこと」と距離を置くこと。
客観的に見てみると、「なんだ、たいしたことではない。大局的に見たら、これは悪いことではない」と考える余裕がでてくるものだ。



ブログをご覧いただきありがとうございます。

  1. 2016/11/16(水) 20:56:17|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (253)
吉本新喜劇 (6)
自己啓発・成功法則 (448)
日常 (42)
写真 (664)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (188)
谷山浩子 (88)
鉄道写真 (71)
落語 演芸 映画 (7)
音楽 (94)
小林正観さん (59)
プラモデル・模型など (39)

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

PR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR