カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

花は枯れぎわが美しい?

DSCN6753-2.jpg

Nikon COOLPIX P330

関連記事→セピア色のアジサイ

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/30(水) 22:02:36|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「読むだけで運がよくなる77の方法」 その37

「読むだけで運がよくなる77の方法」 リチャード・カールソン著 浅見帆帆子訳 三笠書房 2007年 より

<37 「あなたのいう通り」――不必要なトラブルは回避せよ>

車を運転している時、やたら後ろに近づいてくる車が気になって仕方がない、というような経験はないだろうか? ぶつかってしまうのではないかとイライラする。

そういう状況の時、あなただったらどうする?
「急ブレーキを踏む」「追い抜かれないようゆっくり走る」「ブレーキを踏んでいると思わせるためテールランプを点ける」などなど、いろいろな考え方があるだろう。

ある人はこういった。
「そういう時は少しも取り乱すことなく、自分の車を脇によせて停め、先に通してあげます。事故はどこかよそで起こしてもらいましょう」

なんとすばらしいアドバイスだろう。舌を巻いた! 考えてみてほしい。イライラして攻撃的になっているドライバーが、そのうち事故を起こすのは目に見えている。
そんな人のせいで、事故に巻き込まれ、わざわざ不幸になるなんて、誰だって真っ平だと思うはず。だが、現実はどうかといえば、理屈でわかっていても、わざわざトラブルを生む対応を選ぶ人が、なぜか多い。

”リスクを避ける”には、ハイリスクな人とは関わらないのが一番。
もし、それができなかったら、まず「あなたの言う通りです」と相手の要求を受けとめてしまおう。

全部要求をのむことはない。小さな要求だけをのみ、不必要なトラブルを回避するのだ。「肉を切らせて骨を断つ」という諺(ことわざ)は、この話にピッタリだ。

幸運をつかむ人は小さなことにこだわらない。大きな利益を得るために、小さなリスクにはこだわらない。車の運転に限らない。日常的にイライラすることはたくさんあるが、こちらがどれだけ正当であっても、やり返す発想は事態を悪化させ、危険な状況をエスカレートさせるだけだ。トラブルの芽が出た時、その九割は「お先へどうぞ」「あなたのいう通りです」で、実はすむ。

いまあなたが抱えているトラブルは、リスクを負ってでも強情を張るべきことなのか?



ブログをご覧いただきありがとうございます。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/11/30(水) 21:37:25|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スナップいろいろ

DSCN6569-2.jpg


↓青いシャッター
DSCN6741-2.jpg


DSCN6739-2.jpg


DSCN6738-2.jpg


↓モデルハウスのイルミネーション
DSCN6736-2.jpg


↓窓
DSCN6742-2.jpg

Nikon COOLPIX P330

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/29(火) 21:40:47|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人としての基本中の基本の根本の部分

ライフワークコーチ・投資家の上村浩晶さんのメルマガより



人生の繁栄には、「感謝」が基本中の基本で、成功し続けるためには、「何事にも感謝ができる在り方」が絶対条件だったりする。

けど、なかなか、自分の謙虚さを取り戻す事ができず、感謝を見いだすことができず、モニョモニョが続く人は多い。

気持ちはわかる。そこは、どっぷり僕も通った。

だからハッキリ言う。

ほとんどのケースが、「親との関係」だったりする。

今、色々な人生の課題を持たれている人がいると思う。

家庭において、ビジネスにおいて、人間関係において、パートナーシップにおいて、色々あるだろうけど、全てとは言わないけど、その多くの、「深い悩みの源泉」は、「親との関係」からきているものがほとんどだったりする。

たくさんの人が、親との関係に色々ありました、という人が多い。

僕もじつにそうだったから、出来事は違えど、気持ちもよくわかる。

だからこそ、またハッキリ言います。

そこ=親との感情、を解決すると、人生の流れがド~~~~~ンと変わっていきます。

親に感謝なんかできないって??????????

ねーねー、いい加減にしよ。

よ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~く、思い出してみてください。

昨日の夜、何食べました?一昨日の朝は何しました?先週の今日は何してました?先月の今日は?半年前の今日は?1年前の今日は?3年前、5年前の今日は?10年前の今日は?30年前の今日は?

人生の楽しかった思い出も、辛かった出来事もたくさんありますね。

けど、あの日の夜!!(夜かどうかはわからないけど、、、)

お父さんとお母さんが、エッチしてなかったら(ハード)(?>?
人工・体外もあったかもしれないから、子供を作ろうと行為をしていなかったら?(*´?`*)?

お父さんとお母さんが、一瞬でもいいから、愛し合わなかったとしたらψ(`∇´)ψ

あなた、そこに、いないんですよ( ̄^ ̄)ゞ( ̄^ ̄)ゞ( ̄^ ̄)ゞ( ̄^ ̄)ゞ

父上と母上の、「存在」がなければ、あなたの人生そのものが、存在していないんです。

その、物事の道理というか、成り立ちの本質をよ~~~~~~~~~~~~~く、思い出して味わってください。

その後、色々あったかもしれませんが、100歩譲ったとしても、良くてチャラじゃないでしょうか。

いや~~~~~、チャラにはならないと思いますよ( ̄^ ̄)ゞ( ̄^ ̄)ゞ

あなたが、今生を体験できている、根本の部分、忘れちゃダメですよ。

今日も応援しています!




素直に親に感謝することって、なかなか難しいですよね。

私もいつかは親への感情を見つめ直さなければと思っています。


ブログをご覧いただきありがとうございます。

  1. 2016/11/29(火) 21:28:03|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

温泉が恋しい季節になってきましたね。

写真はスーパー銭湯ですが・・・

DSCN6735-2.jpg


テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/28(月) 20:11:44|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕空鉄塔と夜の街

DSCN6731-2.jpg


DSCN6701-2.jpg

Nikon COOLPIX P330

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/27(日) 20:05:18|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本一熱い 炎の講演家 鴨頭嘉人 「これを見れば仕事にやる気がでるセミナー」



鴨頭嘉人(かもがしら よしひと)プロフィール

高校卒業後、東京に引越し19歳で日本マクドナルドにアルバイトとして入社。4年間アルバイトを経験した後、23歳で正社員として入社。30歳で店長に昇進。32歳の時にはマクドナルド3300店舗中、お客様満足度日本一、従業員満足度日本一、セールス伸び率日本一を獲得し最優秀店長で表彰される。
その後も 最優秀コンサルタント、米国プレジデントアワード、米国サークルオブエクセレンスと国内のみならず全世界のマ クドナルド表彰も全て受賞する功績を残す。

2010年9月に独立。 現在は講演家として、埼玉県庁、警察庁警察学校、全国JA、全国教育委員会、全国高等学校・中等学校・小学校、日本郵便(株)、(株)NTTドコモ、(株)ベネッセコーポレーション、(株)バーガーキング・ジャパン、などの企業・団体で組織構築・人材育成・モーチベーションアップ、セールス獲得についての講演・研修を年間300以上行っている。
著書 「人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった」(新潮社) など。

公式ホームページ→http://kamogashira.com/


やる気がでました!(笑)

  1. 2016/11/27(日) 16:09:12|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駐車場のネコ

ネコって、駐車場によくいるイメージがあります。

DSCN6714-2.jpg


DSCN6715-2.jpg

Nikon COOLPIX P330

テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/27(日) 01:43:16|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「微差力」 斎藤一人著 その9

「微差力」 斎藤一人著 サンマーク出版 2011年 より

<9 人生、うまくいかない人、自分のこと忘れていませんか?>

自分を忘れてるようなスゴイ人、エライ人で、人生、成功した人というのはいない。ホントなんですよ。

昔、中国に諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)という人がいました。
この人は、政治から戦から、天才的な能力をもっていたんです。そして、自分のことを忘れて、自分とこの王さまに尽くしました。

ところが、諸葛亮孔明が死んだとき、言葉が悪くてごめんなさいだけど、あまりキレイとは言えない奥さん、それから、小さい畑と、桑の木が一本か、なつめの木が一本、残っただけだったそうなんです。
諸葛亮孔明ほどの大天才だって、自分のことを忘れてたら天下をとれないんですよ。

天下をとるような人というのは、キレイどころを、わぁーっと集めたり、豪華にやっているのです。
じゃあ、なぜ、自分のことをうんと忘れてる人は天下とれないのか。

そういう人は、必ず、自分の立派さを人にも強要するムードが出てる。
自分ががまんしてるからって、人にも「がまんしろ」っていうムードが出てる。
自分はたいしてキレイでない奥さんで満足しているから、人にも「そうしなさい」というムードが出てる。
でも、あなたの部下は、あなたと違うんですよ。

部下が、「これから戦だ」というとき、今日で死んじゃうかもしれない、明日は、首がないかもしれないんです。
それだとしたら、「もう、死んじゃうかもしれない」というときは、キレイどころでもなんでも、わぁーっと集めて、元気に行かせてあげなかったらね(笑)。

だから、戦へ出て行くときに、「みんな、今日は派手にパーッとやりなよ」と言ってくれる上司と、「まじめに地味にしてろ」と言う上司、部下はどっちについてくるんですか?
明日、首なくなっちゃうかもしれないんですよ。「派手にパーッと」のほうに決まってるでしょって。

それに、トップが質素倹約ばかりしていると、部下も地味に暗くしていなければならない、というムードになる。
それじゃ、人生、おもしろくないし。
部下の人生まで暗くしちゃうよね。

だから、いろんな歴史見てごらんなさい。
自分を忘れて、なんかやってる人は自分も腹切ってるし、国もダメになっていますから。

人生、うまくいかない人はね、必ず、脳の構造を無視しているんです。
人生の成功、「守り」というものは自分から始めるものです。
自分を守り、会社を守り、お得意さんを守り……。
自分から回っていかなかったら、渦ってできない。
だから、商売でも、自分のためになって人のためにもなる、社会のためにもなる。これが道理なんだから、よく考えてごらん。そんなもの、当たるに決まってるんですよ。

ホントに、世の中っていうのは、道理なんです。やる前からわかるんですよ。
「結果はやってみなきゃわかんない」って、やる前からわかってますよって。
だから、道理どおりにやってください。
道理どおりにやってる人には、必ず神が味方しますからね。



ブログをご覧いただきありがとうございます。

  1. 2016/11/26(土) 19:52:45|
  2. 斎藤一人さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「100%幸せな1%の人々」 小林正観 著 その32

「100%幸せな1%の人々」 小林正観 著 中経出版 2012年 より

<32 私がイライラしなかったら、「イライラさせる人」は生まれない>

先日、「イライラさせる人がいるわけではないんですね」と何気なく言ったところ、ある女性から次のように言われました。

「私は結婚して20年ほど経ちますが、姑や家族の問題で、ずっとつらい思いをしてきました。イライラさせる人がいるわけではない、という話は納得できません。実際に、人をイライラさせる人が世の中にはいるのではありませんか?」
そこで、私はその女性に聞きました。

「ある人が私の前に現れたとします。何かを言ったり、通り過ぎていったりしたとします。その人に対して、『私』が何も感じなかったとします。では、その人は『イライラさせる人』でしょうか?」
「もちろん、違います」
「そうですよね。では、その現れた人に対して、『私』がイライラを感じたとします。その人は『イライラさせる人』でしょうか?」
「そうですよね。そこに『イライラさせる人』がいますよね」

「ではもう一度聞きます。はじめの例で『私』が何も感じなかったときは、目の前の人は『イライラさせる人』ではなくて、私がイライラを感じたときに『イライラさせる人』になったのですよね?」
「……」
そのに女性は黙り込んでしまいました。

「『私』がイライラしたとき、はじめて目の前に『イライラさせる人』が生まれた。では『私』がイライラしなかったら、『イライラさせる人』は生まれない」
という事実は、多分、誰にも否定できないことでしょう。「自分が思う」ことで、「イライラさせる人」を出現させているのです。

仮に、「イライラする自分」(と同時にイライラさせる人)が出現したなら、前述したように、イライラする「私」を「私」が変えてしまえばいいのです。

世の中に「イライラさせる人」がいるわけではなく、「イライラする人」が生まれて、はじめて「イライラさせる人」が生まれます。
同様に、「イヤなこと」「イヤな人」というのも、宇宙的には存在しません。

「私」が、ある出来事、ある現象について「イヤなこと」と思ったとします。もし思わなければ、その出来事は無味無臭のまま、目の前を通り過ぎていった、何でもない現象でした。
それを「イヤなこと」と「私」が思った瞬間に、「イヤなこと」になった。「イヤなこと」がはじめて目の前に出現したのです。

「イヤな人」も、まったく同じです。「イヤな人」と「私」が思った瞬間に、「イヤな人」が目の前に、宇宙に、出現したのです。
では「つらいこと」や「悔しいこと」はどうでしょう……。
すべて同じです。そう「決めつける」私の「心」によって、そういう現象がはじめて生まれます

私の「心」こそが、私のまわりに「幸せ」や「福」を作っているのです。



ブログをご覧いただきありがとうございます。

  1. 2016/11/26(土) 19:27:30|
  2. 小林正観さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (253)
吉本新喜劇 (6)
自己啓発・成功法則 (448)
日常 (42)
写真 (663)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (188)
谷山浩子 (88)
鉄道写真 (71)
落語 演芸 映画 (7)
音楽 (94)
小林正観さん (59)
プラモデル・模型など (39)

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

PR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR