カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

横浜駅周辺 (東口編その1)

DSCN6479-2.jpg


DSCN6481-2.jpg


DSCN6482-2.jpg


DSCN6483-2.jpg


DSCN6486-2.jpg


↓何を語り合っているのでしょうか。
DSCN6487-2.jpg


↓けっこういい雰囲気でした。
DSCN6497-2.jpg


DSCN6494-2.jpg


DSCN6493-2.jpg


DSCN6496-2.jpg
ニコン クールピクスP330

東口編その2に続きます。


ブログをご覧いただきありがとうございます。

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/30(日) 21:42:29|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「100%幸せな1%の人々」 小林正観 著 その25

「100%幸せな1%の人々」 小林正観 著 中経出版 2012年 より

<25 私たちの人生はすべて決まっている。
    しかもそれは、自分が生まれる前に書いたシナリオである>


私は40年以上、超常現象や超能力などを研究してきました。その結果、私なりにわかってきたことがあります。これが宇宙の絶対的な真理や法則であると言い切るつもりはありません。ただ、1人の人間が40年以上同じジャンルのものを見続けてきて、―つの結論に至ったというのは、なかなか興昧深いことかもしれません。

その結論を言いますと、どうも私たちは、「自分の人生を、生まれるときから死ぬときまですべてこと細かにシナリオに書いてきたらしい」ということです。
どういう親を選び、どういう家に生まれ、どういう名前をつけられ、兄弟の構成はどういうものであるのか、ということさえも、すべて含めてシナリオに書いて生まれてきたらしいのです。

たとえば私は、21歳のときに父親に「家業を継がないのであれば家を出て行け」と言われて追い出されたのですが、追い出された結果としてアルバイトを考え、自分の好きな旅行関係の原稿をあちこちに送り、それがお金になり、本になり、印税収入が入り、旅行作家として食べていける、ということになりました。

そして、旅先でいろいろな人の人相・手相見や人生相談を受けているうちに、いつの間にか、人間の悩み・苦しみ・生き方について話をすることになり、それについて原稿を書き、それが本になり、出版社を興してくれる人が現れて、このような原稿や本を書くことになったわけです。

たまたま親のもとにいられない事情から家を出て、その結果として、今こういう人生論を話すような立場になっているわけですが、その家を出る1年ほど前に、ある人(高橋信次さんという人)から「あなたは釈迦の弟子の生まれ変わりだから、30歳を過ぎたら、好むと好まざるとにかかわらず、必ずそういう方向に引っぱられることになりますよ。覚悟してください」と言われました。

そういうことを振り返ってみるときに、全部予定どおりに起きているとしか思えないのです。きちんと未来がわかっていて、そのとおり予言する人がいますが、未来が本当に存在しなければ、そういう現象を予知・予言することはできないはずです。
未来が確定的に存在しているからこそ、今その人がどのような意思を持って生きているかということとは関係なく、必ずその出来事が起き、その事件が起こるのだ、ということが信じられるようになりました。

その論理を突き詰めていくと、「私たちの人生はすべて決まっている。しかもそれは、全部自分が生まれる前に書いたものである」という結論になります。間違いなく私たちには未来があり、その未来のシナリオのとおりに生きて、そのシナリオのとおりに死ぬ、ということです。
そして、もしこの考えを受け入れることができれば、「自分が書いたシナリオどおりに自分の人生が進んていくのであれば、じたばたする意味はない。これ以上、じたばたしてもしかたがない」ということになります。

自分のシナリオどおりに人生が存在していることがわかってしまえば、過去どのような選択をし、どのような判断をしたかについても悔やむ意味はありません。すべての選択、すべての判断が正しかったということになります。
同時に、これからどういう状況になろうが、そこでどちらを選ぼうが、右を選んだら幸せになるか、左を選んだら幸せになるか、というふうに考える必要はないのです。

選びたいどちらを選んでも、選んだものが必ず自分のシナリオどおりだからです。




小林正観さんのように「自分の人生を、生まれるときから死ぬときまですべてこと細かにシナリオに書いて生まれてくる」という人もいるし、斎藤一人さんのように「人生の節目節目の出来事をある程度決めて生まれてくる」という人もいますね。


ブログをご覧いただきありがとうございます。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

  1. 2016/10/30(日) 20:07:01|
  2. 小林正観さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

横浜駅周辺(西口編)

DSCN6455-2.jpg


DSCN6457-2.jpg


↓ポルシェとBMW
DSCN6459-2.jpg


DSCN6460-2.jpg


DSCN6464-2.jpg


↓美乳!
DSCN6468-2.jpg


DSCN6469-2.jpg


DSCN6472-2.jpg


DSCN6474-2.jpg


DSCN6475-2.jpg


DSCN6477-2.jpg


↓立ち飲み屋さん。大将の笑顔が素敵です。
DSCN6461-2.jpg


DSCN6476-2.jpg
ニコン クールピクスP330

東口編に続きます。


ブログをご覧いただきありがとうございます。

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/30(日) 00:01:00|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (253)
吉本新喜劇 (6)
自己啓発・成功法則 (448)
日常 (42)
写真 (664)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (188)
谷山浩子 (88)
鉄道写真 (71)
落語 演芸 映画 (7)
音楽 (94)
小林正観さん (59)
プラモデル・模型など (39)

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR