カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

「雨の御堂筋 」 欧陽菲菲


作詞:林春生 作曲:ザ・ベンチャーズ 1971年

ありがとう~、カモン!(笑)

若干テンポが遅いような・・・

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

  1. 2016/10/31(月) 23:40:21|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜駅周辺 (東口編その2)

DSCN6495-2.jpg


↓日産自動車グローバル本社内のギャラリーにて。新型セレナについてスタッフさんが説明しています。マイクを使って館内に響いているのですが、見ている人が1人だけということで、2人の間になにか緊張感が感じられました。
DSCN6500-2.jpg


DSCN6501-2.jpg


DSCN6505-2.jpg


DSCN6509-2.jpg


↓美人ママを発見!慌てて撮ったらボケてしまいました。残念!
DSCN6508-2.jpg


DSCN6510-2.jpg


DSCN6514-2.jpg


DSCN6515-2.jpg


DSCN6520-2.jpg
ニコン クールピクスP330

これで今回の横浜駅周辺シリーズは終わりです。ご覧いただきありがとうございました。



テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/31(月) 22:06:56|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「読むだけで運がよくなる77の方法」 その30

「読むだけで運がよくなる77の方法」 リチャード・カールソン著 浅見帆帆子訳 三笠書房 2007年 より

<30 悩みを”大歓迎”する>

人生に別れはつきものだ。そして別れはいつもつらい。悲しい。
だが同時に、よく生きるためには、常に別れも経験しなければならない。
別れのつらさにたえる経験は、自分を強くしてくれる。どんなにつらくても、別れは私たちの人生に欠くことができないのだ。

私は初めて「大切な人の死」に向きあった日のことを、いまでもはっきり覚えてい
る。
打ちひしがれ、もうこの先、いいことがあるのだろうかと思った(たぶん、「大切な人」をなくした経験のある人はみんな、そうだと思うが)。
だが、私は立ち直り、いい恋も結婚も仕事もした。当時を知る人からは、いまの私は以前よりも「いい顔」をするようになったと言われる。あの死の体験があったからこそ、いまの自分がある。最近ようやく、そう思えるようになった。

あなたも別れのつらさを味わっているかもしれない。そうだとしたら、いま私が述べたような意識の変化をたどることになると思う。
でも多くの人は、つらいことや悩みに対して繊細になり過ぎているような気がする。
たとえば別れを経験した時、嘆き悲しむだけでなく「でも、その人と出会えてよかった」……と感謝の気持ちをもって解釈できるようになるには、時間が必要だ。
しかし、いつかは、きっと、あなたの傷は癒される。そして、あなたはもっと”大きく”なれる。

人間が最も大きく成長するのは、自分が傷つくかもしれない時でも、他人の幸せを祈ることができた時だ。
愛の持つこの不思議な癒しの力を体験できれば、たとえつらい別れを体験した時でも早く立ち直ることができ、人間的にも成長できる。

そうした成長を重ねた人は、たいていの悩みは最終的に姿を変えた”素敵な贈り物”だったと考えられるようになるものだ。



ブログをご覧いただきありがとうございます。

  1. 2016/10/31(月) 21:45:19|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜駅周辺 (東口編その1)

DSCN6479-2.jpg


DSCN6481-2.jpg


DSCN6482-2.jpg


DSCN6483-2.jpg


DSCN6486-2.jpg


↓何を語り合っているのでしょうか。
DSCN6487-2.jpg


↓けっこういい雰囲気でした。
DSCN6497-2.jpg


DSCN6494-2.jpg


DSCN6493-2.jpg


DSCN6496-2.jpg
ニコン クールピクスP330

東口編その2に続きます。


ブログをご覧いただきありがとうございます。

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/30(日) 21:42:29|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「100%幸せな1%の人々」 小林正観 著 その25

「100%幸せな1%の人々」 小林正観 著 中経出版 2012年 より

<25 私たちの人生はすべて決まっている。
    しかもそれは、自分が生まれる前に書いたシナリオである>


私は40年以上、超常現象や超能力などを研究してきました。その結果、私なりにわかってきたことがあります。これが宇宙の絶対的な真理や法則であると言い切るつもりはありません。ただ、1人の人間が40年以上同じジャンルのものを見続けてきて、―つの結論に至ったというのは、なかなか興昧深いことかもしれません。

その結論を言いますと、どうも私たちは、「自分の人生を、生まれるときから死ぬときまですべてこと細かにシナリオに書いてきたらしい」ということです。
どういう親を選び、どういう家に生まれ、どういう名前をつけられ、兄弟の構成はどういうものであるのか、ということさえも、すべて含めてシナリオに書いて生まれてきたらしいのです。

たとえば私は、21歳のときに父親に「家業を継がないのであれば家を出て行け」と言われて追い出されたのですが、追い出された結果としてアルバイトを考え、自分の好きな旅行関係の原稿をあちこちに送り、それがお金になり、本になり、印税収入が入り、旅行作家として食べていける、ということになりました。

そして、旅先でいろいろな人の人相・手相見や人生相談を受けているうちに、いつの間にか、人間の悩み・苦しみ・生き方について話をすることになり、それについて原稿を書き、それが本になり、出版社を興してくれる人が現れて、このような原稿や本を書くことになったわけです。

たまたま親のもとにいられない事情から家を出て、その結果として、今こういう人生論を話すような立場になっているわけですが、その家を出る1年ほど前に、ある人(高橋信次さんという人)から「あなたは釈迦の弟子の生まれ変わりだから、30歳を過ぎたら、好むと好まざるとにかかわらず、必ずそういう方向に引っぱられることになりますよ。覚悟してください」と言われました。

そういうことを振り返ってみるときに、全部予定どおりに起きているとしか思えないのです。きちんと未来がわかっていて、そのとおり予言する人がいますが、未来が本当に存在しなければ、そういう現象を予知・予言することはできないはずです。
未来が確定的に存在しているからこそ、今その人がどのような意思を持って生きているかということとは関係なく、必ずその出来事が起き、その事件が起こるのだ、ということが信じられるようになりました。

その論理を突き詰めていくと、「私たちの人生はすべて決まっている。しかもそれは、全部自分が生まれる前に書いたものである」という結論になります。間違いなく私たちには未来があり、その未来のシナリオのとおりに生きて、そのシナリオのとおりに死ぬ、ということです。
そして、もしこの考えを受け入れることができれば、「自分が書いたシナリオどおりに自分の人生が進んていくのであれば、じたばたする意味はない。これ以上、じたばたしてもしかたがない」ということになります。

自分のシナリオどおりに人生が存在していることがわかってしまえば、過去どのような選択をし、どのような判断をしたかについても悔やむ意味はありません。すべての選択、すべての判断が正しかったということになります。
同時に、これからどういう状況になろうが、そこでどちらを選ぼうが、右を選んだら幸せになるか、左を選んだら幸せになるか、というふうに考える必要はないのです。

選びたいどちらを選んでも、選んだものが必ず自分のシナリオどおりだからです。




小林正観さんのように「自分の人生を、生まれるときから死ぬときまですべてこと細かにシナリオに書いて生まれてくる」という人もいるし、斎藤一人さんのように「人生の節目節目の出来事をある程度決めて生まれてくる」という人もいますね。


ブログをご覧いただきありがとうございます。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

  1. 2016/10/30(日) 20:07:01|
  2. 小林正観さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

横浜駅周辺(西口編)

DSCN6455-2.jpg


DSCN6457-2.jpg


↓ポルシェとBMW
DSCN6459-2.jpg


DSCN6460-2.jpg


DSCN6464-2.jpg


↓美乳!
DSCN6468-2.jpg


DSCN6469-2.jpg


DSCN6472-2.jpg


DSCN6474-2.jpg


DSCN6475-2.jpg


DSCN6477-2.jpg


↓立ち飲み屋さん。大将の笑顔が素敵です。
DSCN6461-2.jpg


DSCN6476-2.jpg
ニコン クールピクスP330

東口編に続きます。


ブログをご覧いただきありがとうございます。

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/30(日) 00:01:00|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「吐息でネット」 南野陽子

私が中学生から高校生以降、だいたい1980年代~1990年代前半にかけて、ラジオをよく聴いていました。

日曜日の夜1時(正確には月曜日の1時)からだったか、ニッポン放送の「南野陽子 ナンノこれしきっ!」という放送をよく聴いていました。

特に南野陽子のファンというわけではなかったのですが、なんとなく日曜日の夜は「明日からまた学校か。なんか寝るのはもったいないなあ」という、サザエさん症候群みたいなものもあって、なかなか寝る気になりませんでした。

放送が終わったあとには緊急警報放送の試験電波が発射され、「JOLF JOLF こちらはニッポン放送です。周波数1242キロヘルツ、出力100キロワットでお送りしています。これからしばらくお休みをいただき、午前5時から放送を再開いたします・・・」というアナウンスが流れクロージングとなり、「よし、寝るか」という感じでした。

当時はクラスの中でも南野陽子のファンのやつとか、おニャン子クラブのファンのやつとかいましたねえ・・・。
懐かしいです。


「吐息でネット」
作詞:田口俊 作曲:柴矢俊彦 編曲:萩田光雄 シングル 1988年

やはり「かわいい・・」という言葉しか出てこないです。
それに、字幕が大きいというのは、中高年には優しいですね(笑)。

編曲の萩田光雄さんという名前は、なんか見たことあるなあと思って調べてみると、谷山浩子の「お早ようございますの帽子屋さん」「紙ひこうき」などの編曲もしているし、あみんの「待つわ」とかH2Oの「想い出がいっぱい」とか、ほかにもたくさんのヒット曲の編曲をしているすごい人でした。
ん~、編曲家恐るべし。(この動画のアレンジは若干違っています)


ブログをご覧いただきありがとうございます。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

  1. 2016/10/29(土) 21:53:06|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日の金スマを見て泣いてしまいました。

↓昨日の酒とつまみ
DSCN6537-2.jpg

これを飲み食いしながらテレビを見ていたら、TBSの「金スマ」でフリーアナウンサーの古館伊知郎氏が出ていました。

なんとな~く見ていたのですが、お姉さんがガンで亡くなるくだりで、不覚にも泣いてしまいました。

最近涙もろくなってきて、電車の中で本を読んでいても涙があふれてきたりして困ります(笑)。

たまにはボケ~ッとテレビを見るのもいいものですね。


ブログをご覧いただきありがとうございます。

  1. 2016/10/29(土) 16:25:20|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネコ

横を向いていても目が光るのですね。

DSCN6390-2.jpg

ニコン クールピクス P330

続きを読む

テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/29(土) 01:50:02|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰かに対して気になっていることがあったら、それはあなたへのメッセージ

ライフワークコーチ、投資家の上村浩晶さんのメルマガより



こんにちは。上村です。

先日の大阪でのお茶会での出来事。大分から来られていたNさんとの会話です。

「娘が結婚を控えております。娘の彼氏に対して気になっていることがあります。娘の彼氏ですが、本人の父親との仲が非常に悪く、縁を切りたいとまで言ったりしています。
私との関係はよくご飯もしますし、良好ですが、実の父との関係はせっかくだから向き合った方がいいんじゃない、と本人に伝えた方がいいか迷っています」
という内容でした。

僕はNさんにこう聞きました。

「では、Nさんが、誰かに対して、向き合った方がいいけど向き合わずにいることってなんですか?」

と。

すると、Nさんが、少し???な顔をして、「え~~っと、娘の彼氏がですね、、、」と言うので、僕は、

「いえ、娘さんの彼氏さんの話ではないんです。Nさんの話です。Nさんが、誰かに向き合わず、自分自身、こうした方がいいな、と思っていることが必ずあるはずですそれはなんでしょうか?」

と聞きました。

このストーリーを聞いてどう思われますか?

Nさんは、「娘さんの彼氏の話」をしているわけです。けど、僕は、「Nさんの話」に切り替えます。ここに鏡の法則が隠されています。

「誰かに対して、こうした方がいい、ここを変えた方がいい、と気が付いたり思ったりすることは、自分にその種があるからそう思うのです」

超大切なので、もう一度。

「誰かに対して、こうした方がいい、ここを変えた方がいい、と気が付いたり思ったりすることは、自分がそうした方がいいと思っているから、そう思うのです」

ここでの話は、

・娘の彼氏さんに対して

・大切な人と向き合った方がいいと思っている

という内容です。

ということは、Nさん自身が、誰か大切な人と向き合った方がいいとわかっちゃいるけど、向き合っていない、だからこそ、それが、

『他人が鏡となって人生がメッセージを伝えてくれている』のです。

だから、僕は、「これは、娘さんの彼氏さんの話じゃないんです。それは鏡なんです。娘さんの彼氏のことが気になる、という現象を通して、Nさん自身に何かメッセージを伝えるために起きているんですよ」と。

そして、Nさんは、1分ほど考えていました。

そしたら、目に涙がたまってきながら、旦那様との話題をしはじめました。詳細は割愛しますが、

Nさん自身、内側で答えがわかっていたわけです。

旦那様ともっと向き合いたい、向き合って話し合いたいことがある。涙ながらにお話しいただきました。

あなたは、誰かに対して、「変わった方がいい」「性格直した方がいい」「こうした方がいい」と思ったりすることありませんか?

旦那さん、奥さん。両親、兄弟。彼氏、彼女。上司、部下。同僚、友達。

その、ついつい、指摘したくなるところ、あなた自身のことなんです。

あなた自身が変わるため、受け入れるため、気づくために、人生が用意してくれている、鏡の法則のメッセージなんです。

この真理や原理原則を教えてくれた、ドクターディマティーニに本当に感謝しています。

心当たりありませんか?人や環境は変えられません。いつだって、変わるのは自分です。

では、今日も応援していますね!!




ブログをご覧いただきありがとうございます。

  1. 2016/10/28(金) 23:57:57|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (262)
吉本新喜劇 (6)
自己啓発・成功法則 (448)
日常 (42)
写真 (686)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (191)
谷山浩子 (88)
鉄道写真 (76)
落語 演芸 映画 (7)
音楽 (95)
小林正観さん (59)
プラモデル・模型など (48)

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR