カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

「働く気持ちに火をつける」 斎藤孝 著

「働く気持ちに火をつける」 斎藤孝 著 文藝春秋 2005年 を図書館で読んで、印象に残ったり参考になった部分をメモしてきました。

41C0TMMJ0WL__SX341_BO1,204,203,200_

●「働く呪文」→「ミッション、パッション、ハイテンション!」

・ミッション・・・触発される力、使命
         出会ったものに触発されて自分の使命へと高める技

・パッション・・・ネガティブ体験を情熱へと反転させる技

・ハイテンション・・・上機嫌パワー、ハイテンションな身体でポジションをゲットする技

「ミッション、パッション、ハイテンション!」と叫んでから仕事をしよう。

●本物との出会いは強烈だ

小学生の時に静岡の草薙(くさなぎ)球場で行われた巨人軍の試合を見に行って、ファウルボールを拾った。
このとき長嶋から、「おおい、ぼうず、こっち、こっち」と言われ、長嶋のグローブめがけて返球した。長嶋が私の投げたボールをキャッチした。
たったそれだけのことなのだが、なんだかうれしくて、翌日からひとり野球の特訓に入っていた。

●東洋の気功法に、「気を放つ」というエネルギーの発散法がある。気を出すと、エネルギーが目減りしていくかといえば、そうではない。出せば出すほどまた新しいエネルギーが湧き出て、無尽蔵にあふれ出す。それが人間の身体だ。

●ミッション感覚を鋭敏にするためには、まず伝記を読むことを勧めたい。
日本には、お金をたくさん稼ぐのは汚らしいと考える風潮があるせいか、子供向けの伝記物語には、例えば良寛和尚など、清廉潔白な人の本が多い。しかし私は、若いうちから経営者の伝記や創業者の本などももっと読んだほうがいいと思っている。
ちなみに私は、仕事にまつわることでもっとも価値があることのひとつは、雇用を生むことだと思っている。自分以外の人もやりがいを持って働ける環境を提供し、そこからお金を得ることができる仕事を作り出せるというのは、もっと評価されてしかるべきものだ。

●その仕事をやっている限りはちょっとずつでも向上していく喜びがある。それが自分に向いている天職だ。
才能のかけらに振り回されるより、「これをやっている時の自分が楽しい」という気持ちを軸にすると、クリアに仕事と自分との関係が見えてくる。
反対に、小器用にやれはしても向上していく手応えを感じないときは、その仕事は向いていないのかもしれない。

●最初はお金を儲けたい、自分が目立ちたいといった私利私欲で始めたことであっても、そこに人が集まってきたときには、もう自分一人の事業ではないのだ。
公共的な意義を感じて私企業を運営するのは、ある種、理想的な仕事の仕方だと思う。

●井深大(ソニー)「わが友 本田宗一郎」より

「私も本田さんも競争はむしろ大歓迎でした。どんな産業でも、自由化を進めて政府の保護を断ることが、体質を強化することになるのだ、ということでは、ふたりの意見はまったく一致していました」

●仕事をゲーム化する。ちょっとしたルールを取り入れるだけで、単純な仕事もスリリングなゲームとなる

(例) ・時間を区切る
    ・勝ち負けをあいまいにせず、暫定的にでも決めていく

●井上陽水は、ある本でこんなことを言っていた。曲を作るのはものすごくクリエイティブな作業のように思われているが、「襖(ふすま)職人」のような感覚に近いという。
「基本的には襖張りと同じです」という言葉が印象的だった。・・・納期になれば、パパッと襖を張り、「一丁上がり」と次々仕事を仕上げていくような感覚なのかもしれない。

●もし単調な労働を命じられたときには、思わず「ラッキー!」と考えてみよう。
人間の脳のメカニズムから言えば、セロトニンはリズミカルな反復、たとえば歩くというような単純な行為によって動き出すのだ。
そう考えると、単純労働にはセロトニン神経系を活性化させる役割がある。これは一種の禅に近く、瞑想に入りやすくなる状態だ。

●ドイツの哲学者カントは、「疑う余地のない純粋な喜悦の一つは、勤労のあとの休息である」と言った。
職人的な情熱で仕事に臨み、エネルギーを出し切ったあとの爽快感は、それ自体が何にも代えがたい人生の喜びだ。祝祭的な瞬間といってもいい。

●歌手の小林幸子は15歳のとき、両親が借金返済のために新潟の生家を売って上京している。翌年家を買ってくれた人のところにあいさつに行ったときのことだ。
1年前までは我が家だったところで、他人から「お上がりください」「お座りください」と言われることがたまらなく屈辱的だったそうだ。何としてもその家を買い戻そうと思ったという。それがその後仕事での様々な困難を乗り越えさせる巨大なエネルギーとなった。



ブログをご覧いただきありがとうございます。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/06/15(水) 02:47:31|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0

江ノ電でおでかけ

42-2-2.jpg

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/15(水) 00:05:00|
  2. 鉄道写真
  3. | コメント:0

「MAY」 斉藤由貴 谷山浩子

たまたまヤフオク!を見ていたら、こんなものを見つけました。

「MAY」 斉藤由貴/谷山浩子 サンプル版

レコードの片面に斉藤由貴バージョンの「MAY」、もう片面に谷山浩子バージョンの「MAY」が収録されているという代物です。

サンプル盤ということですから、宣伝用、非売品だったのでしょう。説明文には「コレクターズアイテム」と書いてありました(笑)。

これを見て、やはり同じようなことを考える人がいたんだなあと思いました。

以前このブログでもご紹介しましたが、斉藤由貴と谷山浩子の「MAY」の聴き比べの動画を作って、You Tubeにアップしています。

けっこう人気があって、私のYou Tube動画の中ではいちばん再生回数が多いです。ありがたいことです。



作詞:谷山浩子 作曲:MAYUMI
・斉藤由貴バージョン 編曲:武部聡志 1986年発売 斉藤由貴主演映画「恋する女たち」(1987年・東宝)の主題歌
・谷山浩子バージョン 編曲:大村雅朗 1986年発売

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

  1. 2016/06/15(水) 00:03:00|
  2. 谷山浩子
  3. | コメント:0

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (196)
吉本新喜劇 (4)
自己啓発・成功法則 (429)
日常 (42)
写真 (531)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (177)
谷山浩子 (82)
鉄道写真 (59)
落語 演芸 映画 (6)
音楽 (69)
小林正観さん (54)
プラモデル (14)

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

PR

↓夢をかなえるカードです。プレゼントにもぜひ!

↓「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健さん

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR