カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

今日のひとりさんの言葉

『 「 そうだよね、わかるよ 」 と
まず、いうんです 』


意見の違う人であっても、「 違う 」 といわない。
「 そうだよね、わかるよ 」 とまず、いうんです。

「 わかる 」 というのは、
その人の意見に賛同しているわけではないの。

「 わかるよ 」 というと、そこではじめて、
「 こいつは、オレの仲間だ 」
と、人の心はふぁ~っと開くんです。


≪ 斎藤一人 お金に愛される315の教え
(KKロングセラーズ)より ≫


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/12/04(金) 00:05:00|
  2. 今日のひとりさんの言葉
  3. | コメント:0

平常心のコツ その53

「平常心のコツ」 植西聰(心理カウンセラー) 著 自由国民社より

<イヤな相手を反面教師にすると、心が楽になっていく>
◆「こんなイヤな人間にはなりたくない」と思うと、楽になる

たくさんの人とつきあっていると、「どうしてこんなにイヤな人なんだろう。こんなイヤな人が世の中にいるなんて信じられない」という相手に出会うものです。たとえば、次のような人です。

「人の心を傷つけるようなことを平気で言う。人が傷つく様子を見て楽しんでいるかのように見える」

「人のやることをいちいち邪魔してくる。人の足を引っ張ることを、自分の生きがいのようにしている」

「約束を守らない。平気でウソをつく。そのことで相手が迷惑をこうむろうとも、まったく気にしない」

「自分さえよければ、相手がどうなろうとどうでもいい。自己主張は強いが、相手の気持ちや立場への思いやりの気持ちがまったくない」

このような相手が赤の他人であれば、つきあわなければいいだけです。それほど問題はないでしょう。しかし、そんな相手が職場の上司や同僚であったり、あるいは結婚した相手の肉親であったりすると大変です。
「つきあわない」というわけにはいきません。毎日顔を合わせたり、頻繁にコミュニケーションを取ったり、共同して一つの作業に当たらなければなりません。

その度に、心を引きちぎられるようなイヤな思いをさせられることになります。このような相手とは平常心でつきあっていくのは難しいでしょうが、いくらかでも心を楽にする方法があると思います。

それは、「この人は私の反面教師だ」と考えることです。

相手のイヤなところを見て、「私はこんなイヤな人間にならないように注意しよう」と考えることで、冷静さを失わずに済みます。また、そうすることで心理的な距離感を置いて、相手と向かい合えるようになります。

つづく


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/12/04(金) 00:01:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (253)
吉本新喜劇 (6)
自己啓発・成功法則 (448)
日常 (42)
写真 (664)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (189)
谷山浩子 (88)
鉄道写真 (71)
落語 演芸 映画 (7)
音楽 (95)
小林正観さん (59)
プラモデル・模型など (39)

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR