カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

平常心のコツ その35

「平常心のコツ」 植西聰(心理カウンセラー) 著 自由国民社より

<「~たくない」思考から、「~たっていい」思考で生きていく>
 ◆「人に嫌われたっていい」と考える

人の心を乱す心理的な要因の一つに「~たくない」思考があります。たとえば、「人に嫌われたくない」という思いです。この思いから、ある人は「言いたいことを言わずに、がまんする」ようにします。

「自分の気持ちを殺して、相手に合わせる」という人もいるでしょう。

「周りの人たちにお世辞を使って、ご機嫌を取る」という人もいると思います。

「行きたくない場所へも、つきあいでついて行く」という人もいるでしょう。

「一人になりたい時でも、いつもみんなと一緒にいる」という人もいると思います。

しかし、このような人に嫌われないためにする行為は、その本人に強いストレスをもたらします。人に気遣うあまり、そのストレスから心が疲れ切って、さらにいっそう心が乱れてきます。ストレスから、追い詰められたような気持ちになっていくのです。時々、ヤケを起こして周りの人に八つ当たりしたりします。

この「~たくない」思考は、その人の素直で正直な気持ちを、がんじがらめに縛りつけてしまうのです。ですから、この「~たくない」思考にはまった人は心が苦しくなり、またストレスから心が乱れます。

この「~たくない」思考を、「~たっていい」思考に切り替えてしまうという方法があると思います。

「嫌われたっていい」と、開き直ってしまうのです。

そうすることで、がんじがらめになっていた心が束縛から解放され、楽な気持ちで人とつきあっていけると思います。楽な気持ちで人とつきあうほうが、結局は、人間関係は上手くいくのではないでしょうか。

つづく



★心屋仁之助さんの本やセミナー音声でも、「~してはいけない」「~しなくてはいけない」という自分の中のタブーを、逆に「~してもいい」「~しなくてもいい」と許可してあげると、なぜかうまくいくようになる、というようなことが書いてありました。


テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/10/18(日) 19:22:28|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (261)
吉本新喜劇 (6)
自己啓発・成功法則 (448)
日常 (42)
写真 (684)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (190)
谷山浩子 (88)
鉄道写真 (76)
落語 演芸 映画 (7)
音楽 (95)
小林正観さん (59)
プラモデル・模型など (46)

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR