カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

牛丼屋さんでの出来事2

先日の午後おそく、ある牛丼屋さんで食事していました。

店内はまあまあ混んでいて、店員さんがまだ慣れていないらしく、ちょっともたもたしている感じでした。

私がカウンターでから揚げカレーを食べていたら、20代後半から30代くらいの男性が「遅い」と騒ぎ始めました。

注文を取りに来るのも遅いし、料理が出てくるのも遅いと言うのです。

やがて「店長を呼べ!」となり、しまいには「エリアマネージャーを呼べ!」と言い出しました。


私は嫌な気持ちで食べていましたが、そういえば父親が昔こんな感じで、食堂やスーパーのレジで待たされたり店員の態度が悪かったりするとすぐ怒り出し、「責任者を呼べ!」とよく言っていたなぁ、身内も嫌な気分だったし、周りのお客さんも嫌な気持ちだったんだなぁと思いました。


件の男性は、エリアマネージャーがすぐ来られないということで(そりゃそうだ)、レジの脇でずっと待たされていました。

私が食べ終わり、レジで会計をしていると、その男性は「オレ、もう帰っていいかな・・・」とつぶやいていました。

怒りを発散し、時間も経ち、きっと我に返ったのでしょう。

「なんだ、たいした奴じゃねえじゃんか。ちゃんと最後まで怒り通せ(笑)」と思いながら、牛丼屋さんを後にしました。


いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記

  1. 2015/10/31(土) 15:55:27|
  2. 日常
  3. | コメント:0

街灯

DSCN4195-2.jpg


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。



テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/31(土) 12:00:00|
  2. 写真
  3. | コメント:0

今日のひとりさんの言葉

『 仕事のコツは 一個。ワクワクしながら、仕事をする 』


私は今、みなさんの役に立つことに 全力を尽くしてる。
「 この人たちが 喜ぶことって、なんだろう 」 って考えながら。

仕事のコツは 一個なの。
これって、誰でもできるの。
ワクワクしながら、仕事をする。

この仕事で お金儲けをして、シャネルのバッグを買おうなんてね。
自分が ワクワクすることが、一番楽しい。
ワクワクしながら 仕事するんです。



≪ 斎藤一人 お金に愛される315の教え(KKロングセラーズ)より ≫


いつもブログをお読みいただきありがとうございます。



テーマ:成功をかなえる自分に向かって - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/10/31(土) 01:55:29|
  2. 今日のひとりさんの言葉
  3. | コメント:0

誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 はじめに

「誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」 ジム・ドノヴァン著 桜田直美訳 ディスカヴァー・トゥエンティワン より

著者のジム・ドノヴァン氏が、成功する前はどのような生活をしていたのかよくわかると思い、順番は前後しますが、「はじめに」から抜粋して書いてみます。


はじめに

1 <私はどん底から立ち直った>

あなたは疑問に思っているかもしれない。「この男に、こういう本を書く資格があるのだろうか」と。しかし確かに私には資格がある。それは実際に経験したからだ。私はどん底まで落ち、そして戻ってきた。精神的にも、肉体的にも、感情的にも、経済的にも、とにかくすべてが最悪だった。だが驚くべきことに、私はあの最低の人生からこうして生きて戻ってくることができた。それもすべて、この本に書かれているようなことを実践したおかげだ。

さまざまな出来事や状況が積み重なって、私の人生はまさに破滅してしまった。私はトイレ共同の小さなアパートに住んでいた。場所はサウス・ブロンクス、ニューヨークの中でも特別に治安の悪い地域だ。それに、あのゴキブリ。今でもうなされる。
私は週45ドルの家賃でさえまともに払えなかった。稼いだわずかばかりの日銭はすべて酒に消えていった。酒癖が悪いために友達にも見捨てられた。生活は不規則で、ろくな食事もとっていなかったために、健康状態はどんどん悪化していった。

どん底の生活だ。行き着くところまで行ってしまっていた。家財道具をすべて売り払い、車の中で眠り、ときには何日間も食べ物がない時もあった。アパートを追い出されるのをはじめとする、ありとあらゆる屈辱を受けた。もっとも、あんな生活に屈辱はつきものだ。その当時、私がやらなかったのは盗みと物乞いぐらいだった。


2 <必ず希望はある>

私はどん底まで落ちていった。もう我慢できないレベルにまで達していた。そのとき、心の声が「こんな生活は終わりにしろ、今すぐに!」と叫んだのだ。

何が転機になったのかは正確にはわからない。だが、私が耐えられないほどの心の苦痛を経験し、自殺を考えるまでに思いつめたことは確かだ。しかし私は決心した。変わるか、または死ぬかだ、と。率直に言って、あの時点の私には、どちらでも大した違いはなかった。

私はなにも、同情を得ようとか感心させようとか思って苦労話をしているわけではない。私の体験を話すことで、どんなに破滅した人生を送っていても必ず希望はあるということを、分かってもらいたいだけだ。


3 <誰でもできるシンプルな方法>

おそらく、この本を読んでいる人のほとんどは、かつての私ほどひどくはないだろう。仕事も、家も、家族も、ちゃんとあるに違いない。だが、誰でも悩みを抱えている。あなたの状況が私のほどドラマチックでなくても、もちろん同じくらい重要な問題だ。

経済的な問題を抱えている人もいるだろう。または、将来の見込みがまるでない仕事について、リストラの心配をしている人もいるかもしれない。健康に不安を抱えている人もいるだろう。家族との関係に悩んでいる人もいるはずだ。

または、すべてがうまくいっているが、さらに上をめざしたいという人もいるかもしれない。誰でも、大きく成長して新しい自分を見てみたいと思うものだ。人生に上限などない。常に上をめざすのは、人間として自然なことだ。

この本に書かれている方法は、どれもシンプルで誰にでもできることばかりだ。実行に移せば、現在のあなたがどんな状況にあろうとも、必ず理想の人生を実現できるだろう。

現在の私は、自分の好きな仕事をし、人々の人生に良い影響を与えることができている。私はこの仕事に全身全霊で取り組んでいる。毎朝、期待と興奮とともに目を覚まし、一日が始まるのが待ち遠しくてしょうがない。私の支えになってくれる素晴らしい妻と幸せな結婚生活を送り、愛情にあふれた家族、素晴らしい友人にも恵まれている。ペンシルヴァニア州の美しい森に夢のような我が家も持っている。

想像すらできなかったような素晴らしい人生だ。だが何よりも、私はついに心の平安を得た。私の人生には目的がある。あなたの人生と同じように。私たちはみな、自分にしかない特別な力で世界に貢献するために存在しているのだ。人生というドラマの中で、みなそれぞれの役割を持っている。

つづく



いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

テーマ:成功をかなえる自分に向かって - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/10/31(土) 00:01:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0

PIXTAでの売り上げが、やっと換金できるようになりました!

以前から、写真素材・ストックフォト販売 サイトの「PIXTA(ピクスタ)」で、自分で撮った写真を販売していました。

作品が売れると、クレジットというものが付与されるのですが(売れたサイズなどによってクレジット数が違う)、10クレジットを超えるまでは換金できないというものでした。

先日、ある作品が売れて、やっと10クレジットを超えました。

登録して、最初に作品をアップロードしてから、実に5年かかりました!

そして口座に振り込まれる金額は・・・

税金とか振込手数料を引かれて、1,098円です(笑)。

やっと1枚売れても、付与されるクレジットが1.1とかだったので、これは換金できるまで相当かかると思い、ほとんど放置状態でした。登録写真数も28枚だけでした。

5年間でのべ6枚売れて、やっと10クレジットを超えました。

アフィリエイトなどでも、「最初の100円を売り上げるまでに何年もかかった」という人がけっこういます。ほとんどの人が数ヶ月であきらめてやめちゃうんですね。

そういう意味で、少額ですが今回副業で売り上げがあがったというのは、感慨深いし、自信にもなりました。

「ストックフォトで売れやすい写真」とか勉強して、もうちょっと本気出して挑戦してみようかな。

テーマ:副収入・お小遣い・SOHO - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/10/30(金) 00:05:00|
  2. 日常
  3. | コメント:0

平常心のコツ その39

「平常心のコツ」 植西聰(心理カウンセラー) 著 自由国民社より

<「時には、逃げ出してしまうのも悪くはない」と考える>
 ◆逃げ出したくなった時は、逃げ出すのがいい

人には時々、「今日はどうしても気分が乗らない。この場所から逃げ出したい」という時があるものです。

たとえば、職場で仕事をしている時です。

これといった病気ではないのですが、「どうも体が重く、思考力も働かず、仕事に集中できない」と感じられる時が、誰にでもあるのではないでしょうか。

「同僚たちの話し声や、電話の音、上司の存在など、すべてのものがわずらわしく思えてきてしょうがない。この場から逃げ出したい」といった感情に強く揺さぶられる気持ちにもさせられます。

「しかし、仕事で会社に来ている以上、就業時間内に職場から離れるわけにはいかない」と、我慢します。

しかし、我慢すれば我慢するほど、イライラした気分が強まっていくのです。

このような状況の時は、ちょっと職場から離れてみるほうがいいかもしれません。もちろん、会議をすっぽかしたり、仕事に大きな支障が出る場合は無理でしょうが、もし問題なければ「就業時間内だから…」とあまり堅苦しいことは考えずに、ちょっと職場を離れてもいいのではないでしょうか。

外へ出て5分ぐらい、近所を散歩してくる、というのでもいいのです。

時間に余裕がある時は、コーヒーを一杯飲んできてもいいでしょう。

時間がない時には、トイレに行ってしばし一人になる時間をつくる、といった程度でもいいでしょう。

屋上で深呼吸をしてくる、というぐらいでもいいと思います。

「ここにいたくない」という場からちょっとの時間離れるだけでも、気持ちがスッキリし、職場に戻ってきた時には平常心で仕事を続けられるようになるものです。

しょっちゅう職場から逃げ出してばかりいるのは困りますが、時にこのようなプチ逃避を試してみることは、心の平静を保っていくために役立つと思います。

つづく



テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/10/30(金) 00:01:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0

今日のひとりさんの言葉

『 勝負は、勝つことよりも 大事なことがある。
それは勝ち方、負け方なんです 』



みんな精一杯がんばってるよね。

でも、人間は 完璧じゃないから、失敗することもある。

そのとき 叱ったら、ますます落ち込んでしまう。

その次からは、はじめる前に
失敗したらどうしようということばかり考える。

失敗したのは仕方ない。
次は、ほかのやり方でやればいい。

世の中、勝つときもあれば、負けるときもあるよね。
でも、勝負は、勝つことよりも 大事なことがある。

それは 勝ち方、負け方なの。

勝ったとき、負けた人に対して
「 私が偉いんだ 」 という態度をとると 嫌われる。
だから、そんな態度をとっては いけないんです。

勝ったときは、
「 私が勝てたのは、みんなが 応援してくれたからです。
本当に ありがとうございました 」 と いって、
勝った方法を みんなに教えることだよ。



≪ 斎藤一人 お金に愛される315の教え
(KKロングセラーズ)より ≫

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/10/29(木) 01:00:00|
  2. 今日のひとりさんの言葉
  3. | コメント:0

久しぶりの鉄道写真

小田急ロマンスカー 50000形 VSE

IMGP4205-3.jpg

伊勢原ー鶴巻温泉

PENTAX K-m DA L 18-55mmF3.5-5.6AL

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/29(木) 00:05:00|
  2. 写真
  3. | コメント:0

今日のひとりさんの言葉

『 仕事の成功だけじゃ つまらない。
やっぱり仲間だよね 』



人間って、仕事の成功だけじゃ つまらないよね。
やっぱり仲間だよ。

いい仲間が いてさ。 ともに話し合えて。
好きで いっしょにいたいっていうのが、
ほんとうの仲間だよね。

それが 一番いい、健全なつきあい方なんです。



≪ 斎藤一人 お金に愛される315の教え
(KKロングセラーズ)より ≫

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/10/28(水) 00:02:00|
  2. 今日のひとりさんの言葉
  3. | コメント:0

誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 その23

「誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」 ジム・ドノヴァン著 桜田直美訳 ディスカヴァー・トゥエンティワン より

<その23  人生に変化を起こすと決意する>

あなたがやることすべて~~または、やらないことすべて~~は、あなたの決定から始まる。朝、ベッドから出るかどうか決める。何を着るかを決める。仕事に行くかどうかを決め、仕事で何をするかを決め、誰と一緒に過ごすかを決める。これらの決定は、特に深く考えず無意識のうちに下されることがしばしばある。

長い目で見れば、私たちが下した決定、または下さなかった決定は、人生の方向に大きく影響する。朝ベッドから出ずに、仕事にも行かないと決めることもできる。だが、いつもこういう決定を下していると、そのうちに、仕事に行こうにも仕事自体がなくなってしまうだろう。だから、人生でほしいものを得るためのお金を稼ぐために、仕事に行こうと決めるわけである。

実際、人生におけるすべて~~仕事、人間関係、健康~~は、過去の決定や選択の結果なのだ。

人生に変化を起こしたいと思っているのなら(そう思わない人などいるだろうか?)、まず「変える」と決心しなくてはならない。もっと健康になりたいと思っているのなら、今すぐに決心しよう。

先の見えない仕事にうんざりして毎日会社に行くのに嫌気がさしているのなら、今、ここで、何とかする決心をしなくてはならない。

※成功への提案23  自分にふさわしい理想の人生を創り出すと決心しよう。今すぐに!

つづく


テーマ:成功をかなえる自分に向かって - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/10/28(水) 00:01:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (253)
吉本新喜劇 (6)
自己啓発・成功法則 (448)
日常 (42)
写真 (663)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (188)
谷山浩子 (88)
鉄道写真 (71)
落語 演芸 映画 (7)
音楽 (94)
小林正観さん (59)
プラモデル・模型など (39)

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR