カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

今日の言葉(ついてるカード)

c36.gif


上から一方的に命令するよりも、よーく教える。

そのほうが、手間はかかるけれど、結果はうまくいきます。

みんなを競争させると、結果がうまくいくような気がしますが、違います。みんなの仲が悪くなって、結局はうまくいかない。

競争するより協力する。

そのほうが、のんびりしているようだけれど、結局はうまくいく。

やっぱり、人間はみんな仲間だからね。


(斎藤一人さんのホームページより)

テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/09/30(水) 00:03:00|
  2. ついてるカード
  3. | コメント:0

平常心のコツ その23

「平常心のコツ」 植西聰(心理カウンセラー) 著 自由国民社より

<「人は人、自分は自分」で生きていくほうが、人生に満足できる>
 ◆人と自分を比較しない

他人と自分とをむやみに比べないほうがいいと思います。自分自身への不満が噴き出して、心が静まる時がなくなってしまう場合が多いからです。他人と自分を比べると、往々にして、自分の劣っている部分だけが気になってきます。

「あの人はどんどん収入を増やしているのに、どうして私の収入はこの何年か変わらないのか」
「あの人はみんなに好かれるのに、どうして僕は周りの人たちから敬遠されやすいのだろう」
「あの人は才能に恵まれているのに、私には何の才能もない。自分の親を怨みたい気持ちになってしまう」

このように思えてきて、なにか自分だけが不幸な運命に見舞われてばかりいるように思えてくるのです。その結果、「自分がどんなにがんばっても、しょせん幸せにはなれないんだ」と、投げやりな気持ちになってしまいます。

また、自分自身の人生に対する怒りの感情にとらわれてしまって、ちょっとしたことでキレてしまいそうになります。

しかし、そんなふうに感じる自分自身にも、実際にはいいところがたくさんあるのです。しかし、他人と自分とを比べてばかりいると、そんないいところが見えなくなってしまいがちなのです。

他人と自分をむやみに比べるのではなく「自分は自分、人は人」という割り切った気持ちで生きていくほうが楽だと思います。

そのほうが「自分の良さ」を見つけ出しやすいのです。そして落ち着いた気持ちで自分の人生を歩んでいくことができます。

つづく


テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/09/30(水) 00:02:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0

誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 その8

「誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」 ジム・ドノヴァン著 桜田直美訳 ディスカヴァー・トゥエンティワン より

seikouhousoku1.jpg

<その8 自分で自分をほめる>

ほとんどの人が自分に対してネガティブなイメージを持ってしまっている。主な社会問題~麻薬中毒、アルコール中毒、10代の暴力犯罪などなど~は、貧弱な自己イメージと低い自尊心が原因だ。犯罪者のほとんどが、自分に自信を持っていない。刑務所に行って犯罪者と話をしてみればすぐにわかるだろう。

まず最初に気づくのは、彼らが話す間ずっと床を見ているということだ。自尊心の低さを表すのに、これほど確かな証拠はない。

私のワークショップに、集まりに出かけて知らない人に会うのが嫌いだという女性が参加したことがある。「自分が退屈な人間なのがばれてしまうから」と、彼女はその理由を説明した。本当はその女性はとても知的な人なのだが、低いセルフ・イメージのせいで、自分の可能性を狭めてしまっている。

ある作家は、私たちは努めて自分をほめるべきだと言っている。あなたも自分をほめてみよう。特に低いセルフ・イメージを持っている場合には。

現在の自分の自尊心のレベルを知りたかったら、簡単な方法がある。鏡の前に立って、「私は自分をほめる」と大きな声で言ってみよう。それで落ち着かない気分になったり、恐ろしくさえなったりするかもしれないが、それはごく普通のことだ。このエクササイズをおこなって泣き出してしまった人を、私は何人も知っている。

だが、これを何度も繰り返しているうちに、自分自身や人生一般に対しての感じ方が、徐々に変わっていくのに気づくだろう。先ほどの作家は、「私は自分をほめる」という言葉を何度も唱えたり書いたりするように勧めている。それも、一日に300回から400回だ!

誰かにほめられたら素直に「ありがとう」と言うようにしよう。相手の言葉をさえぎって、「大したことじゃないよ」などとは言わないで。

あなたにはほめられる資格がある。愛される資格がある。幸せになる資格がある。

※成功への提案8  あなたにはほめられる資格がある。自信を持とう。

つづく


テーマ:成功をかなえる自分に向かって - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/09/30(水) 00:01:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0

今年最大のスーパームーン

帰りに駅を出ると、10人くらいの人が空に向かってスマホを掲げているので、何だろうと思って見てみると、月でした。

たしか中秋の名月は昨日(27日)だったのになあと思いながらも、コンデジで撮りました。

家に帰って調べてみると、1日ずれて、今日(28日)が満月だったのですね。

おまけに、今年最大のスーパームーンだったとか。


↓べつにTOHOシネマズの宣伝ではありません(笑)。昇ったばかりの月です。赤っぽいですね。
DSCN4106スーパームーン-2


↓だいぶ昇ったころにもう1枚撮りました。やはり明るいのでしょうね。普段よりもシャッタースピードを一段早くしました。
 ちなみに 1/125秒 f5.6 ISO80 です。
DSCN4108-2.jpg

Nikon COOLPIX P330

テーマ:☆お月様☆ - ジャンル:写真

  1. 2015/09/29(火) 00:03:00|
  2. 写真
  3. | コメント:0

平常心のコツ その22

「平常心のコツ」 植西聰(心理カウンセラー) 著 自由国民社より

<「昨日のことは昨日のこと。今日は今日の風が吹く」と考えるのがいい>
 ◆今日の今だけのことを考える

ある女性は、朝目覚めると、いつも同じ感情にとらわれてしまうといいます。それは、「今日は会社に行きたくない」という思いです。そういうネガティブな気持ちになってしまうのは、前日の職場での出来事に原因がありました。

「上司に怒られた」
「同僚からバカにされた」

前日にこのようなイヤな思いを経験したために、「今日もまた同じようなことでイヤな思いをしなければならないのか」という予感が働いてしまうのです。こうなると心がかき乱されて、「今日も1日がんばろう」という前向きな気持ちにはなれなくなります。

「会社に行きたくない」と、いつまでもベッドから起きあがれないことになるのです。

性格的に「昨日のことを今日まで引きずってしまう」というタイプの人には、この女性のように、「気持ちのいい朝を迎えられない。目覚めとともにイヤな気持にとらわれて心が乱れる」というような人が多いようです。しかし、このような気持ちで毎日朝を迎えるのでは、これからの人生全体についても後ろ向きな考えにとらわれてしまうことになるのではないでしょうか。

禅の言葉に「生而今(せいにこん)」というものがあります。

これは、「過去のことは過ぎ去ったこととしてすべて忘れ、今この時に集中して生きていくのがいい。そうすれば明るい希望が開けていく」という意味を表しています。

昨日のことは昨日のことです。たとえイヤな思いをする出来事があったとしても、過去のこととして引きずらないよう心がけるのがいいと思います。

心から「イヤなことは忘れる」と念じていれば、本当にケロッと忘れられるようになります。そして「今に集中して生きる」ことを心がけることで、毎朝、平常心で起床できるようになると思います。

つづく


テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/09/29(火) 00:02:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0

誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 その7

「誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」 ジム・ドノヴァン著 桜田直美訳 ディスカヴァー・トゥエンティワン より

seikouhousoku1.jpg

<その7 自分を否定しない>

ここでいう否定とは、たとえば、理想体重より20キロほどオーバーしているのに、自分は骨太なんだと無理に思い込もうとするようなことだ。あなたは本当に骨太なのか?それとも食べすぎと運動不足のせいで体重が増えただけなのか?

現在の自分の姿をきちんと受け入れよう。それがいいものであっても悪いものであっても。自分に正直になり、今自分がいる場所をきちんと認識しよう。これはなにも、理想体重になるためにダイエットをするのをやめろと言っているわけではない。ただ単に、まず初めに現在の自分の姿を正確に知る必要があるといっているだけだ。

アルコールやドラッグ、食べ物、ギャンブルなどの依存症を克服した人は、まず初めに自分自身の問題を認識し、それを受け入れることを学んでいる。そして受け入れることによって、問題を自分のものにできる。つまり、それを自分で変える力を持つことになるのである。

まず、現在の状況は、意識的にせよ無意識にせよ、自分がつくり出したのだと宣言する。その状況に責任を持つ。そして、変えようと決心する。

「こうだったらいいなあ」という姿ではなく「本当の」姿を受け入れることができれば、幸せで成功した人生に一歩踏み出すことになる。


※成功への提案7  まず受け入れよう。そうすれば変えることができる。

つづく

テーマ:成功をかなえる自分に向かって - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/09/29(火) 00:01:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0

平常心のコツ その21

「平常心のコツ」 植西聰(心理カウンセラー) 著 自由国民社より

<「生まじめ」「誠実」「責任感」を捨てて生きていく>
 ◆「てきとう」に生きていくほうが上手くいく

心身のバランスを崩して、うつ病になってしまう人には、性格的に共通した特徴があるといいます。
それは次の3点です。

・生まじめで誠実
・責任感が強い
・周りの評価を気にする。

「生まじめで誠実」「責任感が強い」ということは、もちろん悪いことではありません。その人の長所といえるものでしょう。しかし、この性格も度を越して強くなりすぎると、そのために心身のバランスを崩してしまう原因になってしまうのです。

たとえば、「生まじめで誠実」「責任感が強い」という性格の持ち主が、自分の与えられた仕事を問題なく成し遂げるために、毎日終電近くまで残業し、休日出勤までして、その過労とストレスのためにうつ病を発症してしまう、というケースがよくあります。

「与えられた仕事を問題なく成し遂げたい」という気持ちはわかりますが、そこまで自分を追い込むようにして働くのは、やはり「度を越している」ということになるのではないでしょうか。しかも、うつ病になる人には「周りの評価を気にする」という意識も強くあります。

周りの人から、「あの人は生まじめで誠実だ。責任感が強い」と思われたいのです。そのために、また、度を越してがんばり過ぎてしまうのです。

ですからむしろ、このタイプの人が心身のバランスを保ち、コンスタントの成果をあげていくためには、「まじめになり過ぎない」「誠実すぎなくてもいい」「責任感を持ちすぎなくていい」「周りの評価などあまり気にしない」ということを心がけるほうがいいと思います。そのほうが末永く元気に働いていけます。

つづく


テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/09/28(月) 01:11:57|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0

誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 その6

「誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」 ジム・ドノヴァン著 桜田直美訳 ディスカヴァー・トゥエンティワン より

<その6 ありのままを受け入れる>

成功した人生を手に入れるためには、受け入れる心が何よりも大切だ。受け入れるとは、自分自身を受け入れることであり、自分の状況を受け入れることであり、自分を取り巻く世界を受け入れることである。それらの理想の姿ではなく、ありのままの姿を受け入れることだ。

否定するのをやめ、自分自身に対して正直になることだ。状況を分析し、自分の力で変えることのできないものがあれば、それを受け入れることだ。自分の力で変えることのできるものがあれば、それを変える勇気を持つことだ。そして、両者の違いを見分けることができるよう賢くなることだ。

もっと受容的になるために、以下の言葉~静穏の祈り~を唱えるようにしてみよう。

私には、
変えることのできないものを受け入れる静穏な心、
変えることのできるものを変える勇気、
両者の違いを見分ける知恵が、
備わっている。

※成功への提案6 変えることができないものを受け入れよう。変えることのできるものは変える勇気を持とう。

つづく


テーマ:成功をかなえる自分に向かって - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/09/28(月) 00:51:31|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0

キンモクセイ

街を歩いていると、どこからともなくキンモクセイの香りが漂ってくる季節になりましたね。

夏のサルスベリの時のように、いったん気にしだすと、あ、ここにもキンモクセイがあった、ここにも植わっていた、と探してしまいます。

けっこうたくさん植わっていますね。キンモクセイ。

昔はトイレの芳香剤で、キンモクセイの香りは定番だったように思いますが、今はどうなんでしょう。

d0047885_17585251.jpg

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2015/09/27(日) 00:03:00|
  2. ブログ
  3. | コメント:0

誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 その5

「誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」 ジム・ドノヴァン著 桜田直美訳 ディスカヴァー・トゥエンティワン より

<その5  ものの見方を変える>

何年も前、まだニューヨークに住んでいたころ、私は仕事に行くのによく地下鉄を利用した。ホームにはいつでも電車を待つ人が大勢いた。ときどき、電車が何かの理由で遅れることがある。そんなとき、何人かの人は心配したりイライラしたりして、電車を「到着させよう」としていることに、私は気がついた。

そういうタイプの人はどこにでもいるだろう。私はそんな人を「せっかちさん」と呼んでいる。「せっかちさん」は早足でホームを行ったり来たりして、腕時計をちらりと見ると、今度は身を乗り出して電車が来る方向を眺める。彼らは、この「うろうろ」「見る」「乗り出す」という一連の動作を何度も繰り返す。まるでそうすれば、電車が早く到着するかのように。
そうこうするうちに彼らの血圧は上昇し、首の血管が浮き上がってくるのである。

もちろん、「せっかちさん」がどんなにイライラしたって、電車が早く来るわけではない。うろうろしたって、時計を見たって、身を乗り出したって、電車には何の影響もない。ただやっている本人のストレスがたまるだけだ。

この状況は、明らかに「せっかちさん」のコントロールを超えている。自分の無力を悟っていれば、彼らはもっと幸せで心穏やかでいられることだろう。この話の教訓はこうだ。変えることのできない状況はたくさんあるが、状況に対する見方を変えることならできる。見方を変えれば、その状況が自分に与える影響を変えることもできる。

この「せっかちさん」のように、変えることのできない状況にイライラして心の平安を乱してしまう人は、みなさんの中にどれくらいいるだろう?

※成功への提案5  自分のコントロールを超えた状況にいらだつのはやめよう。

つづく

テーマ:成功をかなえる自分に向かって - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/09/27(日) 00:02:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (189)
吉本新喜劇 (3)
自己啓発・成功法則 (428)
日常 (42)
写真 (526)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (177)
谷山浩子 (81)
鉄道写真 (58)
落語 演芸 映画 (6)
音楽 (68)
小林正観さん (53)
プラモデル (13)

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

PR

↓夢をかなえるカードです。プレゼントにもぜひ!

↓「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健さん

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR