カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

修行は続く・・・

先日、電車に乗っていたところ、「ブッ!」という音とともに、なにか飛沫のようなものが飛んできました。びっくりして「なんだろう」と思って右を見ると、2~3人分隣に座っていた大学生くらいのお兄さんが口を押えていました。よく見ると、吐しゃ物がお兄さんの足元に置いてあったカバンの上にポタポタ落ちていました。

「ええ~!なんてこった!」と思い、自分をよく見てみると、ズボンの太ももの部分とカバンにそれぞれ2~3か所、吐しゃ物の飛沫が付いていました。

「かんべんしてくれよ~」と思いながら、ハンカチで拭いていました。しばらくして、「すみませんでした」というお兄さんの声で我に返りました。お兄さんがティッシュで座席を拭いていたので、「よかったらこれ使ってください」と、持っていたポケットティッシュを渡しました。

ここで、どうするべきか迷いました。乗っていた車両が一番後ろだったので、車掌さんに知らせるべきか?いっしょに座席を拭いてあげる?でも俺だって被害者だぜ?少しの間、迷いました。車内はガラガラでしたが、同じ車両に10人くらいは乗っていたと思います。前の座席に座っている女性は寝たふりです。

どうしたらいいかわからず、ちょうど駅に停車したので、降りる駅ではなかったけど降りてしまいました。トイレに行って鏡を見ながら、ティッシュで拭き取りました。冷静になってから見ると、そんなにひどくは付いていませんでした。

駅のベンチに座ると、いろいろなことが頭をよぎりました。
「あの人はなんだったんだろう。いきなり気持ち悪くなったのかなあ」とか、「普通、やばいと思ったら早めに電車を降りるよなあ」とか、「大丈夫ですか?と声をかけた方が良かったかなあ」とか、「やはり車掌さんに知らせた方が良かったかなあ」とか・・・。

今までだったら、「なんでこんなツイてないことが起こるんだ!」とか、「最悪!」とか思ってしまったけど、斎藤一人さんのお話を聞いてきた今では、「飛沫がちょこっと付いただけですんで良かった」「優しい言葉をかけてあげた方が良かったかなあ」「想像もつかないほどツイてる!」と思えるようになってきました。ティッシュを渡すことができたなんて、今までの自分から考えたら、大きな進歩です。

また、引き寄せの法則などもかじっているので、「この現象もきっと自分が引き寄せたんだ」「このことから何か学べることがあるはずだ」とも思うようになってきました。

そう思えるようになってくると、いっときは「このやろう!」「最悪!」と怒りがわいてきますが、しばらくすると心がだんだん穏やかになってきます。

貴重な体験ができました。でもあのお兄さんは何だったんだろう・・・?


テーマ:最近の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2015/06/26(金) 01:35:48|
  2. 日常
  3. | コメント:0

マンション群と田んぼ


↓手前の田んぼと、後ろのマンションのビル群の対比がおもしろかったです。
DSCN3587海老名ー厚木-2
Nikon COOLPIX P330 小田急線

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/26(金) 00:03:00|
  2. 写真
  3. | コメント:0

「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 その11

「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 解説 小倉広 ダイヤモンド社より

コンテンツ11

<あなたが劣っているから劣等感があるのではない。どんなに優秀に見える人にも劣等感は存在する。目標がある限り、劣等感があるのは当然なのだ>

頭が良くて、見た目も良く、明るい人が、実は「私は、なんてダメなんだ…」という強い劣等感に悩まされている。このようなことはよくあることです。

人は誰もが劣等感を持っています。なぜなら、人は自分では意識しないままに「こんな人になりたい。こんな人生を歩みたい」という目標を持っているからです。そして目標は常に現状よりも高く掲げられる。たとえ周りから見て順風満帆で、もうこれ以上望むことなどないように見える人であっても、さらなる高い目標を持っているもの。つまり、いつまで経っても永遠に目標は未完成。だからこそ、そこに劣等感が生まれるのです。

また、人は子供のときに親や兄、姉と自分を比べることでも劣等感を抱きます。「大人はあんなにやすやすといろいろなことをできるのに、自分は何もできない・・・」そうやって子供の頃に大人に対して抱いた劣等感は、心に刻まれます。「自分は無力な存在だ」「どうせ頑張っても追いつけない・・・」。そして、その劣等感は自分自身が大人になってからも、引き続き残ってしまうのです。

このように、劣等感は「人よりも大きく劣っている人特有」のものではありません。周囲からは完璧に見える人、優れて見える人も、皆等しく持っている「主観的」なもの。それが劣等感なのです。あなただけが持っているのではないのです。

つづく

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/06/26(金) 00:02:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0

今日の言葉(ついてるカード)

<生きてるだけで幸せって思える時が一番幸せ>

朝、目がさめたとき、「起きた」と思うようではいけませんよ。

朝、目がさめたときは、「生きてた」と思ってください。

もし夜中のうちに死んでたら、一応目はあかないことになっていますからね。

そんなバカバカしいことでもちょっとやってみると、生きてるだけで幸せって思えたりするもんです。

そういう日は次から次と良いことが起きて、今までで一番幸せな日になりますよ。


(斎藤一人さんのホームページより)

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/06/26(金) 00:01:00|
  2. ついてるカード
  3. | コメント:0

「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 その10

「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 解説 小倉広 ダイヤモンド社より

コンテンツ10

<遺伝もトラウマもあなたを支配してはいない。どんな過去であれ、未来は「今ここにいるあなた」が作るのだ>

ある殺人犯は「なぜ殺したのか?」と問われた時に「自分は親に捨てられたからだ」と答えました。親に捨てられ、まともな家庭に育たなかったから自分は殺人犯になったのだ。自分は悪くない、という理由です。しかし、親に捨てられた子供がすべて殺人犯になるわけではありません。中には、自分と同じような苦しみを次世代の孤児たちに味わわせたくない、と孤児の自立支援に奔走する人もいます。同じ環境に育っても、人は自分の意思で、違う未来を選択できるのです。

しかし、私たちはついつい、現在の問題を過去のせいにしてしまいがちです。「子供のころ、お母さんが私をおいて働いてばかりいたから、私はこんなに暗い性格になってしまった。私は悪くない。お母さんのせいだ」「家が裕福でなかったから大学に行けなかった。もしもっとお金に余裕があれば、今頃は大学を卒業してもっといい職業につけていたに違いない」

このように過去の環境のせいにしてしまうのです。しかし、それは単なる言い訳です。過去の体験をバネにして未来を切り開く道を選ぶのか、ふてくされて被害者のふりをして言い訳だらけの人生を過ごすのか。それを決めるのは自分です。自分次第でいかようにでも進む道を決めることができるのです。

つづく


テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/06/25(木) 00:02:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0

今日の言葉(ついてるカード)

<毎日生きていることが魂の修行 むだなことはなにもない>

人間は、「魂の修行」のためにこの世に生まれてきました。

ただ、修行といっても、そんなにむずかしいことではありません。

毎日生きていると、いろんなことがあります。

それが「修行」です。

1年生きていれば、1年分修行ができます。

10年生きていれば、10年分修行ができます。

ムダに見えても、ムダなことは何もありません。


(斎藤一人さんのホームページより)

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/06/25(木) 00:01:00|
  2. ついてるカード
  3. | コメント:0

「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 その9

「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 解説 小倉広 ダイヤモンド社より

コンテンツ9

<「やる気がなくなった」のではない。「やる気をなくす」という決断を自分でしただけだ。「変われない」のではない。「変わらない」という決断を自分でしているだけだ>

刺激(Stimulus)反応(Response)モデルという考え方があります。「叱られた」という刺激に対して「腹が立つ」という反応(感情、思考、行動)がある、という単純な考え方です。しかし、現代心理学ではこのような考え方を否定します。刺激と反応の間に「認知」という主観がある。それがアドラーを源流とする現代心理学の考え方です。この「認知」が、先にあげたピンクもしくはブルーのレンズです。ピンクの認知を通して見れば世界はピンク。ブルーの認知を通して見れば世界はブルーになる、というわけです。

叱られた時にそれをどのように「認知」し「意味づける」かは、人それぞれです。腹が立つ、という人もいれば、悲しみ落ち込む、という人もいるでしょう。しかし、一方で「なにくそ!」と発憤する人もいれば、叱ってもらってありがたい、と感謝する人もいるでしょう。人は「認知」や「意味づけ」を変えることで、いかようにでも反応すなわち、思考、行動、感情を変えることができるのです。

「叱られたから腹が立ち、やる気がなくなった」のではありません。叱られた時に数多くある「認知」と「意味づけ」の中からあなたが自分の意思で怒りを選択し、勝手に自分でそれを言い訳にしてやる気をなくしたのです。上司のせいにしてはいけません。すべては自分の選択の結果であり、いくらでも選択を変えることは可能なのです。

つづく


テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/06/24(水) 00:02:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0

今日の言葉(ついてるカード)

<いいこと聞いたらすぐ実行 ほんとにすぐだぜ>

良いことを聞いたら、すぐ実行してください!

どんな簡単なことを聞いても「それがむずかしいんですよね」と言って、「やる気のなさ十分な人」がいます。

簡単にできることもやらないなら、人の話なんか聞かないほうがいいですよ。

簡単なことから始める。

それがあなたにとって一番良いことなんです。

まずは「ツイてる、ツイてる」って言いましょうね!!


(斎藤一人さんのホームページより)

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/06/24(水) 00:01:00|
  2. ついてるカード
  3. | コメント:0

蓮と江の島


↓モノクロにしてみました。鶴岡八幡宮にて PENTAX optio H90
IMGP0021-2.jpg

↓江の島 PENTAX optio H90
IMGP0098-2.jpg

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/23(火) 01:35:14|
  2. 写真
  3. | コメント:0

「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 その8

「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 解説 小倉広 ダイヤモンド社より

コンテンツ8

<健全な人は、相手を変えようとせず自分が変わる。不健全な人は、相手を操作し、変えようとする>

解説者の私が座右の銘としている言葉があります。「過去と他人は変えられない。しかし、今ここから始まる未来と自分は変えられる」。アドラーを源流とする人間性心理学に属するエリック・バーンの言葉です。私はこの言葉のおかげで人生が変わりました。

この考え方を活かす上で大切なのは「本当はどちらが悪いのか?」という「原因」を追究することはムダだ、ということです。仕事や家庭において裁判官は不要です。「どちらが悪かったのか」に時間や労力を注ぎ込むくらいならば、その分のエネルギーを未来の解決に費やす方がはるかに生産的です。

ですから、実際には上司や部下、配偶者などに非があったとしても「今、自分にできること」だけを見ればいい。もしも相手に気づいてほしいことがあるならば、気づかない相手を責めるのではなく、自分の伝え方を変えるのです。自分の言葉が説得力を持つように、相手から信頼される努力をすべきなのです。

健全な人は、たとえ100%他人が悪い、と思えるような状況でも、「今、自分にできること」だけを見てエネルギーを注ぎ込みます。不健全な人は過去を愚痴り、他人の悪口を言い、自分が被害者だと訴えて同情を求め、自らは何も行動を起こしません。どちらの人生が幸福になるか。言わずもがなではないでしょうか。

つづく


テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/06/23(火) 00:02:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (210)
吉本新喜劇 (4)
自己啓発・成功法則 (432)
日常 (42)
写真 (559)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (179)
谷山浩子 (83)
鉄道写真 (62)
落語 演芸 映画 (6)
音楽 (73)
小林正観さん (55)
プラモデル (14)

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

PR

↓夢をかなえるカードです。プレゼントにもぜひ!

↓「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健さん

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR