カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

「読むだけで運がよくなる77の方法」 その64

「読むだけで運がよくなる77の方法」 リチャード・カールソン著 浅見帆帆子訳 三笠書房 2007年 より

<64 自分にだけは”正直に”生きる>

失敗をすると、人は落ち込む。なんでこんなことをしてしまったんだろう、こんなことをしてどうしたらいいんだ、自分はダメ人間だと「後ろ向き」になる。
しかし、失敗した時こそ、幸運を引き寄せる心の状態、つまり「前向き」に変わるチャンスなのだ。

一人の青年が、数人の友人といる時、ひどく人種差別的な言葉を口走った。彼はその時、気づかなかったが、すぐ後ろにその人種の人がいて、彼の言葉を聞いていたことがわかった。彼は激しい自己嫌悪に襲われた。だが、もう取り返しはつかない。そのあと彼はどうしたか。

自分の発言に弁解の余地がないことを率直に認め、「でも、決して本気ではなかった」と侮辱された当人に向かって心から詫びたのだ。彼の誠実な態度を見て、その人は謝罪を受け入れてくれた。
へたに言い訳したりすると、かえって問題が大きくなる。失敗をした時は、謙虚に認め、誠実に謝罪するのが最良の解決策だ。

心から後悔し反省しているのであれば、ほとんどの人は謝罪を受け入れ、もう一度チャンスをくれる。あなたはいくらかストレスを感じるだろうが、最小限に抑えられる。私はいつもそうやって、ミスによる自分の損失を減らしてきた。

ミスを「しないように、しないように」と神経を使いすぎると、どうしても生き方が消極的になる。それでは人生楽しくない。それに、どんなに神経を使っても、神様でない限り、多少なりともミスは犯す。
だから私は「ミスをする人間だけど、ケアがすごくうまい人になろう」と思っている。

失敗をどう乗り越えていくか。その方法を模索し、”光”を見つけ出そうとする、その姿勢そのものが「前向き」であり、「運」を吸い寄せる。



  1. 2017/08/09(水) 23:00:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

劣等感を感じた時には

コーチ・コンサルタントの上村浩晶さんのメルマガより



人よりも劣っていたとしても、劣等感を持たないこと。

誰かと比べて、能力、スピード、丁寧さ、エネルギッシュさ、スキル、情熱、などなど、

「うわ~~~~、あの人ってすごいな~~~」

って思えば思うほど、心の中で、

「僕なんて、、、私なんて、、、」

とボソっと呟いている時ありませんか???

そういう時は、下手な自分でも素晴らしい。遅い自分でも素晴らしい。無能な自分でも素晴らしい。できなくても素晴らしい。怠け者でも素晴らしい。雑で不器用でも素晴らしい。と、ダメな自分を受け入れてあげましょう。

能力もダメ、スキルもダメ、知識もダメ、もう、全部、ダメ。

大抵、何をやっても、人並み以上にできない。

けど、それでも、

「そんな自分でも素晴らしい、OK~~」

と、呑気でいましょう。

すると、人生の方から、動いてくれるようになりますから!

決して、克服しようとしないこと、なんとかしようとしないこと。

劣等感、罪悪感、空虚感、などを感じたとしたら、そんな自分のこともOKにしちゃいましょう。

そんな自分でも素晴らしいのです^^

今日も応援しています!!





テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/07/28(金) 23:00:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「読むだけで運がよくなる77の方法」 その63

「読むだけで運がよくなる77の方法」 リチャード・カールソン著 浅見帆帆子訳 三笠書房 2007年 より

<63 やっぱり”きちんと生きてる”人は強い!>

運がいい人は上機嫌の達人だ。
いつも上機嫌でいるための秘策を授けよう。
「道徳を守って正しく生きる」ということだ。あまりにも当たり前のことのようだが、これはとても大切なことなのだ。

道徳を守るとは、『公明正大を旨とし、思慮分別を持ち、強欲に走らない。ウソをつかない』こと。私たちが子供のころから、いわれてきたような基本的なことだ。

道徳を守るのは、他人とうまく生きるため、一人前の社会人としての義務、責任の一つと思っている人がいるかもしれない。
たしかにそういう一面はある。だが、道徳を守ることの最大の利点は、もっと個人的なことだ。

道徳を守ると、ストレスが減る。自分は正直で曲がったことをしない人間だという自信ぐらい、人の心を安定させ、元気にしてくれるものはない。
そして、そういう人生を送っていると、すべてのことに対して、愛情にあふれ、感謝の心もめばえ、思いやり深くなれる。

何日かでいいから、人間として非の打ち所のない生活をしてみればいい、まるで魔法にかけられたように、いままで味わったことのない清々しい気分が味わえるはずだ。

意地悪をしたり、ウソをついたり、わがままを通したりすることに対して、人はどこかで自分でも「いけないことだ」という意識を働かせている。
何が正しくて何がいけないか、誰しも心の中ではわかっている。だから、不道徳な生活をしているとストレスがたまるのだ。

やっぱりきちんと生きている人は強いのだ。




テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体

  1. 2017/07/22(土) 18:00:00|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャリンチャリン収入を考えながら仕事をしよう!

コーチ・コンサルタントの上村浩晶さんのメルマガより



こんにちは。チャンカミです。


今日はビジネスの話。

最近は、「自分らしく生きる」「ありのままで」というような雰囲気がたくさんありますね。それはそれでいいと思います。

それとは別の話題ですが、

「お金」「ビジネス」のテーマを、こういう時代だからこそ、もっと興味を持ち実践探求する方がいいと思います。

僕はコーチ・コンサルティングの仕事がメインですが、誰かをコンサルをしている人を、コンサルしていたり、誰かをコンサルしている人をコンサルしている人を、コンサルしていていたりしますww(わかりづらい)

で、仕事の話になると、よく思うのが、「最初から、チャリンチャリン収入になることを考えながらビジネスや仕事に取り組んでいる人」というのは、非常に少ないな、ということです。

飲食店であっても、コンサル屋さんであっても、マッサージ屋さんだったり、代理店ビジネスだろうが、全業種の仕事共通です。

レバレッジをかけたり、仕組み化したり、チームを組んだり、

などなど、「自分が現場から出ても大丈夫なようにすること」を考えながら仕事をしている人はほとんどいないです。

みんな、「そのうち余裕が出てきたら」「まずは軌道に乗ったら」というマインドですが、それでは、一生自営業の世界から出れません。

そもそもの脳みその思考回路が違うんですね。

つまりは、時間とお金から解放される日は、生涯ない、ということです。

最初が肝心なんです。最初から考え方が違うんです。最初から組み立て方が違うんです。

どんな業種の方であれ、好きなことを仕事にしていきたいのであれば、

・チャリンチャリン収入=不労所得

がある状態で、

・好きな部分は労働する=労働収入

こんな風に組み立てるのはベターです。

不労所得の本質的なことは、

「自分が動かなくても、価値の創造が誰かや何かが行ってくれており、その価値を見込み顧客に届けることが継続的に誰かや何かが行われている状態を作る」

です。

たった2、3行のことですが、本質的です。

価値の創造とそれを届ける。

この重要部分の2つを、自分の代わりに誰かや何かがまかなってくれたらいいんですね。

そして、自分がやることは、「自分が一番楽しく価値創造できる部分だけに特化する」わけです。

僕だったら、「表現する」というのは、才能の一つであると自分で認めているので、

・文字で表現する

・言葉で表現する

この2つしか、ほぼやってません。

自分のスケジュールを見ても、

・一日20分、メルマガを書くことと、

・セミナーすること

・コーチング

この予定しかありません。

あとは、この価値を、複製したり、商品化したりをしています。

・複製できないか?

・レバレッジを効かせられないか?

こういうことをとことん追求しましょう。

今日はお仕事の話題でした^^


応援していますね。






  1. 2017/07/02(日) 14:17:45|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物事が順調な時ほど「聞く耳」を持とう

コーチ・コンサルタントの上村浩晶さんのメルマガより



こんにちは。チャンカミです。


「物事がうまくいってる時こそコーチをつける」

これは、僕のゴルフのコーチが口酸っぱく言っている言葉である。

ほとんの人が、「いつものゴルフが上手くいかなくなった時」に練習に行くことが多い。

そうなると、

・我流で身についてしまった良くない癖

をまずは壊していくことにたくさんの時間を要するようで、最初から継続的にコーチの元に練習に通っていれば、もっと時間短縮になること間違いないないと言う。

そして、ビジネスや人生全般の繁栄に関しても同じことが言える。

この10年、出会ってきている先輩たちのその後の動向を見ていると、衰退していっている人がとても多い。

継続的に発展し続けることの難しさを背中で良く教えてくれている。

その違いはなんなのか、後輩としてよく観察してみる。

答えはシンプル。

「素直さの欠如」「学び気づきの欠如」にある。

ある程度物事がうまくいくと、成功者扱いをされるようになる。

これが、成長のストップの始まりです。

物事が順調な時こそ、コーチやメンターが生きてきます。

不調やどん底の時には、誰しもが、「聞く耳」を持つでしょう。

けど、順調、絶好調の時には、「素直さ」「聞く耳」がなくなってきます。

そして、不調の波に、「遅れて」突入します。

うまくいってる時こそ、慎重になりましょう。

順調な時こそ、謙虚になり、耳を傾けましょう。

いい感じの時こそ、コーチをつけたり、先輩に会いに行ったりしましょう。


今日も応援しています!





  1. 2017/07/02(日) 14:06:15|
  2. 自己啓発・成功法則
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (242)
吉本新喜劇 (6)
自己啓発・成功法則 (441)
日常 (42)
写真 (623)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (183)
谷山浩子 (84)
鉄道写真 (66)
落語 演芸 映画 (7)
音楽 (91)
小林正観さん (59)
プラモデル・模型など (23)

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

↓夢をかなえるカードです。プレゼントにもぜひ!

↓「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健さん

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR