カメラ片手に・・・写真などいろいろなこと

趣味で撮った写真や、読んだ本の要約などをご紹介します

「1/48 ソビエト KV-1 重戦車」のプラモデル その6

最後に、ワイヤーロープを組み立て、塗装します。


↓ 付属していた糸を46ミリに切り、フックに接着します。
DSCN7852-2.jpg



DSCN7853-2.jpg



↓ メタリックグレイで糸を塗装します。
DSCN7954-2.jpg



↓ 前の部分に取り付けて、これですべての組み立てが終わりました。
DSCN8134-2.jpg



DSCN8124-2.jpg



あとはスライドマーク(デカール)を貼るだけです。



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/20(木) 21:52:00|
  2. プラモデル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ソビエト KV-1 重戦車」のプラモデル その5

その4のとき→http://phm202.blog.fc2.com/blog-entry-1743.html
とほとんど変わっていませんが、細かいところを組み立て、塗装して、あと一息というところまで出来てきました。


DSCN7983-2.jpg



DSCN7984-2.jpg



DSCN7985-2.jpg


キャタピラの上の部分のたるみがリアルですね~。まるで金属のようです。

ちなみにキャタピラ(キャタピラー)は、ほかに履帯(りたい)とか無限軌道とも呼ばれるようです。
「無限軌道」なんて、銀河鉄道999みたいだなあ。君を招くよ~夢の軌道が~♪


ネットで戦車のプラモデルについて調べていたら、「戦車のプラモデルは汚してナンボ」だそうです。


↓ 戦車は汚してナンボ(イメージ)
M_image.jpg


汚し(ウェザリング)か~。たしかにピカピカの戦車というのも不自然ですよね。

昔、ガンプラでドライブラシの真似事を施した記憶はありますが、墨入れとかウォッシングなんていうのはやったことがないです。

新たにエナメル系の塗料やうすめ液なども購入しなければならないようなので、どうするかちょっと考えてみます。(今まで使ってきたのはアクリル系塗料)



↓ 以前に作ったマツダ R360クーペのプラモデルを、100円ショップで買ってきたケースに入れてみました。
DSCN7980-2.jpg




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/12(水) 22:23:51|
  2. プラモデル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ソビエト KV-1 重戦車」のプラモデル その4


だいぶ出来上がってきました。


DSCN7841-2.jpg



DSCN7843-2.jpg



DSCN7846-2.jpg



DSCN7845-2.jpg



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/04(火) 23:21:03|
  2. プラモデル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ソビエト KV-1 重戦車」のプラモデル その3

いくつかのパーツをつなげてキャタピラを作るというのは初めてです。


DSCN7774-2.jpg


けっこう難しい。

悪戦苦闘しています。




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/30(木) 22:52:39|
  2. プラモデル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ソビエト KV-1 重戦車」のプラモデル その2


ホイール、ローラー周りができてきました。


DSCN7731-2.jpg



DSCN7734-2.jpg



中学生の頃、田宮模型(現タミヤ)に入社して、プラモデルやラジコンカーの組立説明書や箱、カタログに写っている完成品を作る仕事ができたらいいなあなどと漠然と思っていたことがありました(笑)。

やはりタミヤのプラモデルの金型は精巧で、


<現在金型は自社で製作している。以前は外注しており、外注先の納期遅れや不透明な価格設定に苦労していた。そこで金型職人をスカウトし1964年に金型部が発足した。1966年から社員数人を金型製造工場に出向させ、徐々にノウハウを蓄積し自社で金型製造を行うようになった。現在ではCAD/CAMシステムも導入されている。

同社の金型は極めて精度が高いことで知られ、その精度は組み立てた際の仕上がり具合にも影響する。かつての設計図と金型職人の職人芸によってプラモデルが製造されていた時代には、他社製品が細部のボルトをリベットと同様に単なる半球の突起で表現していた頃に、きちんと小さな六角柱で表現していた。 (Wikipediaより)>


だそうです。

この解説を読んだあと、ためしにドライブスプロケット(上の写真の指が写っているところのギザギザのある車輪)をルーペで見てみたら、ちゃんとボルトが六角形になっていました。スゲ~。




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/27(月) 22:22:04|
  2. プラモデル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

phm202

Author:phm202
ブログをご覧いただきありがとうございます。

40代半ば 男性 神奈川県在住 プロラボ勤務経験あり 主にデュープと複写作業をしていました フォトマスター検定1級 写真専門士

好きなこと・・・写真撮影(鉄道写真など) 読書(自己啓発、成功法則、ビジネス系など)

累計納税額日本一の事業家 斎藤一人さんの考え方、生き方に影響を受けています。

使用機材
PENTAX K-m
DA L 18-55mmF3.5-5.6AL
DA L 50-200mmF4-5.6ED
Nikon COOLPIX P330     

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (189)
吉本新喜劇 (3)
自己啓発・成功法則 (428)
日常 (42)
写真 (526)
散歩 旅行 (19)
ついてるカード (78)
お酒 (7)
仕事 (2)
スピリチュアル (16)
今日のひとりさんの言葉 (23)
斎藤一人さん (177)
谷山浩子 (81)
鉄道写真 (58)
落語 演芸 映画 (6)
音楽 (68)
小林正観さん (53)
プラモデル (13)

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

PR

↓夢をかなえるカードです。プレゼントにもぜひ!

↓「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健さん

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR